Tokyo Midtown Award2018もうすぐ募集開始!

2018年4月24日(水)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手羽がもっとも注目してるコンペ「Tokyo Midtown Award2018」の募集要項が発表されました!

Tokyo Midtown Award 2018
●募集期間:【アートコンペ】5月24日-6月14日 | 【デザインコンペ】7月2日-7月30日

Tokyo Midtown Awardとは、アートとデザインの街、東京ミッドタウンが主催する「アートコンペ」と「デザインコンペ」の2部門からなる39歳以下を対象としたコンペティションです。
グランプリ賞金が100万円という金額もありがたいのですが、それ以外の部分のサポートが手厚いのもコンペの特徴でして。

例えばアートコンペだと、入選者1人につき制作補助金として100万円が支給されます。
プラスしてグランプリ受賞者はUniversity of Hawai’iのアートプログラムに参加できるし、入賞作品は東京ミッドタウン内プラザB1に展示され、翌年春のミッドタウンアートイベントにも作品を展示することができます。
さらにさらにアート・デザイン関係なく、受賞後もミッドタウンアワードサイトで活動を紹介してくれるし、六本木アートナイトやワークショップ等ミッドタウン主催のアート・デザイン企画にはアワード受賞者に声がかかるんです。

また個人的にアートコンペのポイントだと思ってるのは、2次公開審査会です。
【そこまでやるか】Tokyo Midtown Award 2017アートコンペ2次公開審査会に行ってきた
アーティストであっても自分の作品のポイントを人前で相手に伝わるように説明できないといけないわけで、そのトレーニングにもなってると思ってます。「わかるやつだけわかればいい」「人前でしゃべるのは嫌だ」の世界も手羽は理解できるけど、製作費100万円と副賞100万円をゲットするには今はそれくらいの能力がないと。


デザインコンペも、賞金以外に「ミラノサローネへの招待」等がありますが、やはり商品化・イベント化の可能性を積極的に探ってくれることが大きいです。
これまで商品化された作品はこれだけあります。
Tokyo Midtown Award デザインコンペ 商品化・イベント化実績

ちなみに上記ATARI MANJUと、大人気商品となった歌舞伎フェイスパック(今はいろんなパターンが出てますね)は当時ムサビ生による入賞作品です。
学生さんが考えた作品をここまで本気で商品化に動いてくれるコンペもそうないし、面白いのはふたつともグランプリ作品じゃないことで、グランプリじゃなくても商品化される可能性があるのも見どころ。
SICF同様、受賞させて「はい、サヨナラ」じゃないのがミッドタウンアワードの特徴なのです。

また、手羽が勝手に思ってるデザインコンペの最大の特徴は、プロダクトやグラフィックだけでなく、サービスデザインなど形のないデザインもグランプリを獲ることですね。
2013年には1年のちょうどまん中の日である7月2日を祝う「MID DAY」が受賞し、ミッドタウンでは毎年7月2日にイベントをやるようになりました。
10年も続く日本のデザインコンペで「広義なデザイン」も対象にしてるものは他にないと思うし、それは審査員の人選も関係してるし、こういうのを面白がって社内あげてやってしまうミッドタウンマネジメントさんの社風も大きい。そしてルミ子の存在もね。


ところで、去年が区切りの10年目ということで、10周年記念パーティーの時に審査員の小山薫堂さんが


「みんな『10周年を機に』って言ってるから今年で審査員をクビになるんじゃないかとドキドキしてる。外されたらヒルズの方に行く」と冗談でおっしゃっていたけど(笑)、今年はやはり大幅に審査員が変わりました。

まずアートコンペ。
川上典李子さん、空デ・鈴木康広先生は残留ですが、新たにアーティストの大巻伸嗣さん、アートプロデューサーの金島隆弘さん、東京大学RCAデザインラボ特任准教のスプツニ子!さんが加わっています。
最近はなんとなくクラフト寄りな作品が入賞する傾向にあったけど、現代美術、メディアアート寄り
な作品が好まれそうな人選のような気が。

そしてデザインコンペ・・・・についてはまだ発表されていませんが、この流れは確実に変わりますね。
手羽が考えた長嶋りかこ、柴田文江、廣村正彰、森本千絵、片山正通って組み合わせはどうですか?え?ムサビ関係者ばかりじゃないかって?そんなことは気にしない気にしない。
あ、デザインコンペはテーマは決まっていて、今年は「HUMAN」です。
うーん、今年は例年よりテーマがちょっと難しいかもしれませんね。サービスデザイン寄りなアイデアが多くなりそうな気も少し。


あ、今年も5月中旬ぐらいにムサビ学内説明会をやる予定なので、ムサビ生は参加してください。


以上、ミッドタウンアワード愛好家の手羽がお送りいたしました。
こんだけ毎年宣伝してるんだから1票ぐらい投票権くれないかしら。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中