【美大卒で弁理士?!】ムサビニュースまとめ20171115

2017年11月15日(水)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「手羽の記事はムサビびいきだなあ」と感じてる方も多いんじゃないでしょうか。
一応これでもPARTNERでは美大全体の話題を優先してるつもりでして、「ほんとはこれだけ書くのを我慢してるんです」というのを証明するために、前回10月30日以降のムサビ関連ネタをまとめます。
  
 

まずはこれかな。
美術を通して社会を変える「ムサビのワークショップ発表会」|『ほのぼのマイタウン』気まま通信
「ワークショップ発表会」のレポート記事をほのぼのマイタウンさんが書いていただきました。

で、これに関連してお知らせがあって、
第66回 読売教育賞決まる
ワークショップ発表会でもプレゼンをされた埼玉県所沢市立三ヶ島中学校が旅するムサビの一環である「朝鑑賞」の取り組みで、第66回 読売教育賞カリキュラム・学校づくり部門を受賞されたんです。学生さんが貸し出してくれた作品のおかげ。
しかし、旅ムサが今年だけでグッドデザイン賞と読売教育賞を受賞したんですよ。すごくないですか?


この流れで教員や学生さんの活動をまとめて。
「毎日骨太」紙パックの大きな地球のオブジェ「THE PAPER EARTH」を武蔵野美術大学 芸術文化学科と共同制作

展示は終わってしまいましたが、芸術文化学科楫先生と学生さんによる取り組み。メーキングが公式サイトにあがってるのでそちらもぜひ。
http://www.mainichi-tt.com/


【茨城新聞】稲わらの神馬親子出現 笠間、美大生と住民制作
わらアートを笠間でも。


東京都心で40年ぶりの長雨 理化学研究所の主任研究員が氷河期到来説を主張|ニフティニュース
これが美大といえども「大学」たる所以ですが、ムサビには若手で注目されてる太陽物理学者がいるんです。


本学元学長・水尾博名誉教授が平成29年度秋の叙勲「瑞宝中綬章」を受章
本学元学長である水尾博名誉教授が受章されました。水尾先生は手羽が学生時代の学長だったりします。


おはようチンタイガー
物件情報サービスCHINTAIのキャラクター「チンタイガー」と青森県弘前市ご当地アイドル「りんご娘」がMCのクリエイティブトーク番組「おはようチンタイガー」に空デ・津村先生が登場しています。

全10回で、第1回目の動画はこちら↑。
 
 

野村信三郎氏特別講義「美大卒弁理士の視点で見るデザイナーのための知財入門」

先週のデ情特別講義でムサビ生以外は受講できないものだけど、ムサビを卒業されて弁理士をされてる方がいるってことだし、美大はこういう取り組みを既にしてるというすごくいい事例だと思いました。
 

若手デザイナー登竜門 最新のデザインを発信へ | チューリップテレビニュース
「今年は武蔵野美術大学の学生が高岡の鋳物を使い本棚やテープカッターなどの生活用品を独創的なデザインで製作した作品もあり見所のひとつとなっています」との。今月26日まで。


現役美術大院生のベックが初個展開催「心に届けばいいな」
在学生でタレント業をされてる方はわかっていても基本的に紹介しないんですが、ここまでムサビと出されたら紹介しないわけにもいかず(笑)



ここからは卒業生の活躍を。
以前紹介した
テニスコートのコント『水をたくさん飲んできたので結構』を見逃せない理由
ですが、アフタートークのゲストが発表されました!

11/16(木)19:30回 片桐仁さん(ラーメンズ)
11/17(金)19:30回 松田正隆さん(マレビトの会)
11/18(土)18:30回 いとうせいこうさん

豪華!!各回まだお席のご用意ができるそうなので、とにかくいそげ!!


新たなステージに向けリブランディングを計画 エスクリのアートディレクターに日本のTOPクリエイター森本千絵氏が就任決定!


【伊勢丹新宿店】『人』から始まる、日本のものづくり。 生活に新しい価値を提案するプロジェクト『 JEWELRY & LIFE 』
稲井つばさ、佐々木慧さんがムサビ、副島舎人さんはタマビ、田代聖晃さん東京藝大という組み合わせ。でもすいません、会期終わってました・・・。


デザイナー 皆川明氏と建築家 中村好文氏がディレクションを担当する、京町家を活用した宿泊施設『京の温所(おんどころ)』を2018年4月末、京都・岡崎エリアにオープン。:時事ドットコム
中村さんは建築学科卒。
 

「100年コート」が梅田 蔦屋書店にてポップアップイベント「100年コート#timeless_osaka」を11/10(金)~11/23(木)まで開催
片岡杏子さんは空デ卒。
 
 
注目の漫画家かっぴー氏とコラボレーション!HINKA RINKAが舞台の『東京の女たち』限定公開
左ききのエレンを連載中のかっぴーさん。
描き下ろし作品はこちらです。
https://www.tokyu-dept.co.jp/hinka-rinka/tokyo-no-onnatachi
 
 
日本橋三越本店にて11月15日(水)より「小黒アリサ彫刻展~本日も、球獣びより~」が開催されます
小黒さんは若手のムサビ彫刻OGで一番の売れっ子かもしれません。
今日から21日(火)まで日本橋三越本店 本館6階 アートスクエアでやってます。
 
 
武蔵美の卒業生4人が共作、ジャンル横断で描く「曲がるための角」 - ステージナタリー
映画監督の清原惟さん、ダンサーの坂藤加菜さん、イラストレーターの中島あかねさん、シンガーソングライターのよだまりえさんのムサビOG4人組。


最後に大学からのお知らせをまとめて。
ちょうふ市内・近隣大学等公開講座 武蔵野美術大学 受講生募集


  • 油絵学科教授・川口起美雄

  • 棚橋早苗先生

■「絵を描く、絵を読む」
●講師:川口起美雄(油絵学科教授)
●日時:12月8日(金曜日)19:00~20:40
●場所:文化会館たづくり8階映像シアター
●参加無料

■ワークショップ「しめ飾りをつくってみよう」
●講師:棚橋早苗 (武蔵野美術大学 非常勤講師
●日時:12月22日(金曜日)14:00~15:40
●場所:文化会館たづくり 11階第2創作室
●参加別途教材費500円(材料代) ※当日集金

去年も行った調布市主催の近隣大学公開講座に参加することになりまして、今年は油絵の川口先生にレクチャー、棚橋さんにワークショップをお願いしました。
共に事前申込制で調布市内の方は11月17日(金)9:00から、調布市外の方は11月24日(金)9:00から募集スタートするので、ぜひぜひ。


最後にこれから美術館で開催される展覧会を。
実は27日から3本の展覧会が同時スタートするんです。
助手展 武蔵野美術大学助手研究発表2017

●会期:2017年11月27日(月)-12月22日(金)
●休館日:日曜日
●時間:10:00-18:00(土曜日は17:00閉館)
●入館料:無料
●会場:武蔵野美術大学美術館 展示室1・2・4・5、アトリウム1・2
●主催:武蔵野美術大学 美術館・図書館


ここで紹介したあかりちゃんの描いた絵も展示されるかも。
 

●会期:2017年11月27日(月)-12月22日(金)
●休館日:日曜日
●時間:10:00-18:00(土曜日は17:00閉館)
●入館料:無料
●会場:武蔵野美術大学美術館 展示室3
●主催:武蔵野美術大学 美術館・図書館
●共催:NHK
●協力:武蔵野美術大学 映像学科研究室

 
 

●会期:2017年11月27日(月)-12月22日(金)
●休館日:日曜日
●時間:10:00-18:00(土曜日は17:00閉館)
●入館料:無料
●会場:武蔵野美術大学 12号館地下展示室
●主催:武蔵野美術大学 美術館・図書館
●協力:武蔵野美術大学 油絵学科研究室

 
 

また、12月2日(土)13:00-17:00にムサビの椅子コレクションを間近に見ることができる「椅子ギャラリー OPEN DAY」が開催されます。
美術館では約400脚にのぼる国内外の近代名作椅子を収蔵してるんです。

では、遠藤アッコさんともども、どうぞムサビをよろしくお願いいたします。



以上、うちのスタッフが飲んでたコーヒーをデスクにぶちまけてしまって周りから「仕事が大変でお疲れなんですよ」と優しく労わられてたけど、きっと手羽が同じことをしたら「コーヒーこぼすって、どんだけクネクネしてるんですか」と言われるだけだろうなあ、と悲しくなった手羽がお送りいたしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中