【夢夢神社】六本木アートナイト2017に行ってきた(三鷹にも)

2017年10月1日(日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いつもなら、2つに分ける量ですが、アートナイトは今日までなのでひとつにしました。
写真多くて重いかも・・すいません・・・。
 
 
9月30日(土)午前4時。
まだ空が真っ暗な中、車を走らせて六本木へ。

社会連携、デザイン・ラウンジ、空デスタッフが六本木アートナイトの夜中搬入・設営をやってたので、応援がてら現場へ行くことにしたんです。計算上設営も終わって、ラウンジで修学旅行状態でみんなで盛り上がってる時間帯かな、と思って。手羽、仲間外れは嫌なんです。

誰もいなかった(涙)
設営が予定以上にうまくいったもんで、すぐに解散したんだそう(涙)
六本木で一人たたずむ手羽(涙)


とぼとぼ家に帰り、朝ご飯の準備をし・・家族は手羽が六本木に行ったことは知らずに・・、武蔵野美術大学三鷹ルームへ。

実は三鷹ルームへ行くのは4月のお披露目会以来だったんだけど、1階にプロダクションI.Gさんがいつのまにか入ってた。
タツノコプロさんに「進撃の巨人」「魔法使いの嫁」のウィットスタジオさん、そして「ボールルームへようこそ」(手羽は久しぶりにアニメで泣きました)のプロダクションI.Gさんと、アニメ会社とムサビしか入ってないビル(笑)

んで三鷹ルームへ来たのは、



三鷹ルームでの初の公開講座だったんです。
今年は鷹の台キャンパスでは実技、デザイン・ラウンジではデザイン思考系、そして三鷹では教養系の講座を開くことにし、1発目はこの人しかいないだろう、と

「グレートジャーニー」「1からカレーを作る」関野吉晴先生にお願いしました。
全4回の講座なので細かいところまで話してくれ、本当の授業を受けてるよう。しかもすごくいい話。
あ、関野先生は10月8日に京大総長と対談をやりますよ。


で12時過ぎに公開講座が終了し、その足で今日2回目の六本木ミッドタウンへ。

風船羊羹・・失礼、アークノヴァではもうすぐ磯崎新さんのトークイベントが始まることもあり行列ができてた。

行列をボーと見てる時間はないのだ。


  • みんなで現地下見に移動

今回のディレクターをお願いした空デ・津村先生が学生さんの立ち位置などを指示。


そして恒例となったホスピタリティ研修を受け、津村先生と一緒に六本木ヒルズ方面へ。
六本木はアートナイト一色になってて、


  • アマンドは蜷川実花さんによる装飾がされてた。


  • 六本木交差点


  • 国立奥多摩美術館さんによる「人間時計」パフォーマンス。大変だな・・・。

そうこうしながら六本木ヒルズへ。
手羽はミッドタウンっ子だから、ヒルズに来るのは実に1年ぶり。アートナイトの時しか来ない(笑)


六本木ヒルズアリーナでキックオフセレモニーが開催されるのです。

いつものごとくすごい人と報道陣。

午後5時30分スタート。


  • 南條実行委員長の挨拶


  • 行く先々であってる気がする宮田文化庁長官

メインプログラム・アーティストの蜷川実花さん始め、参加アーティストも登壇して記念撮影。
このあとすぐパフォーマンスがスタートしたけど、ラウンジ企画は6時からスタートしてるので手羽たちは急いでミッドタウンへ戻ることに。
(てなわけで六本木ヒルズエリアは全く見ることができず・・・)


今回のテーマが「未来のマツリ」と聞いた時に「ああ。マツリといえばあれがあるじゃん」とすぐに閃いたのが、オープンキャンパスで津村先生がやってた夢夢神社。
津村先生には他にもお願いしてるものがあり(これは後日書きます。10月中旬かな?)、なおかつ個展などでお忙しい時期と重なっていたんですが、快く引き受けてくださり、アートナイトバージョンに改良して今回実施することになりました。

どういうところでやったかというと、


  • 外苑東通り方面にある「ガレリアゲート前」という場所。富士フィルムさんのすぐ隣


  • あ、そうそう。COMME des GARÇONSが入りましたよ

このガレリアゲートは鳥居がモチーフになってるんですよ。
それを聞いた時「あ、ムサビの神様が下りてきた」と思いましたね(笑)ムサビ正門を彷彿とさせるし、ここしかないな、と。

もうすでにパフォーマンスはスタートしてて、

パフォーマンスといっても、巫女さんが静かに横に立ってるだけで、特に大きく動いたりするわけでもないので、これは安心してみてられる。

他のところもサっと見てくるか、と国立新美術館へ。


  • 行動展はアートナイト特別で18時から無料で入れました。

本当は安藤忠雄展を見たかったんだけど、すごい人で・・・日を改めて見に行きます。

次にミッドタウンの他のエリアへ。
まずは1階キャノピー下。


  • 今回の蜷川さんの立体作品は、よく言えば舞台美術っぽいというか、悪いくいえば彫刻を学んだ人間からすると平面っぽいというか。

けんけんぱしてたり、ダンスしてたり。

地下1階では、ミッドタウンアワード2017受賞候補作品の展示や過去受賞アーティストによるパフォーマンス・ワークショップをやってました。


  • 今日10時からアートコンペの最終審査がこの場所が行われるそう。ミッドタウンマネジメントの人は眠る気ないな(笑)


  • この作品、近づいてよーーーく見てください。


  • 今年こそムサビ関係者が大賞獲ってほしいなあ。

ちなみに夜9時半ぐらいに撮った写真です。すごい人でしょ?
アートナイトはこの時間帯が一番人が多いんですよ。

だいたいミッドタウンものを見終わったので、夢夢神社へ戻る。
手羽は1時間ぐらい離れてたんだけど、夢夢神社の可能性をここで発見して。

というのも、1時間前にはなかった「作法」が生まれてたんです。
夢夢神社は巫女さんが横に立って「おみくじ」という札を持ってるだけ。
文字情報でも「こうしてください」とか一切指示はしてないんだけど、いつのまにか「ちょっと前で立ち止まってお辞儀」「柏手」「終わった後にお辞儀」が発生してて、

なおかつ、30分後に見るとまた微妙にルールが変化してるの。

アメリカでやったら、こういう「作法」は生まれるんだろうか。
日本的な人がやったものを真似して、日本とはまた違った作法が生まれるんじゃなかろうか。カルフォルニアロール的な。トランプタワー前とかでやってみたいですね(笑)


  • 後半は巫女さんのフォーメーションを一列に

空デの学生さんやスタッフの皆さん、ラウンジスタッフ、社会連携チームスタッフ、そして津村先生、本当にお疲れ様でした!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中