【グラフィックデザイン学部設立1?】ムサビニュースまとめ20170716

2017年7月16日(日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「手羽の記事はムサビびいきだなあ」と感じてる方も多いんじゃないでしょうか。
一応これでもPARTNERでは美大全体の話題を優先してるつもりでして( さすがにオーキャン時はムサビ話が続いちゃいましたが)、「ほんとはこれだけ書くのを我慢してるんです」というのを証明するために、前回7月1日以降のムサビ関連ネタをまとめます。
今回も盛りだくさんです。。
 
 

まずは在学生の活動を。
チョークの芸術児童歓声 武蔵野美大生が柳津小で制作 | 県内ニュース | 福島民報
児童びっくり!「赤べこ」黒板一面に 柳津小、美大生チョーク作画:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet
福島では初となる黒板ジャック。
記事にあるように、日本画学科の宮本さんは在学生だけど地域おこし協力隊員として斎藤清美術館で働いてて、「あ、こういうやり方もあるんだな」と気づかされました。
ちなみに今年の旅するムサビは夏に全国で展開することになってます。


「ファインアートと地域」ってことだと、

木彫滞在制作&ワークショップ彫刻のアトリエをのぞいてみよう!
●日時/2017年8月16日(水)~21日(月)各日とも9:00~17:00
●場所/ルネこだいら展示室
●入場・見学無料

ルネこだいらと平櫛田中彫刻美術館・記念館とムサビ彫刻学科の合同企画で、ルネ小平で1週間滞在制作をし、完成品を平櫛田中彫刻美術館で展示します。

また、8月19日には三沢厚彦先生による木彫体験ワークシワークショップも開催されますよ。
 
  
「第13回 世界絵画大賞展」入選者発表
大賞をムサビの学生さんが獲ってます。

  
スマートアイウェア「Telepathy Walker」で美術鑑賞をガイド - 都内ギャラリーで | マイナビニュース
「武蔵野美術大学 グラフィックデザイン学部に通う」って、ムサビにグラフィックデザイン学部なんてものはありません(笑)
基礎デザイン学科のようですね。
 
  

空間演出デザイン学科天野ゼミ4年ファッションショー「SHAM」
●日時:2017年7月16日 ( 日 )
13:30 open / 14:00 start
15:30 open / 16:00 start
●会場:世田谷ものづくり学校 IID Gallery


世田谷ものづくり学校ってファッションショーもできるんですね。
でも・・・イベントは・・今日なんです・・・告知が遅れてすいません・・。
 
 

“真のニューヨーク・スタイル”を求めて 現役美大生が手掛けるストリートブランド「シュガーヒル」
文化学園大学からここのがっこう、ニューヨークファッション工科大学(FIT)を経て、武蔵野美術大学に編入したという異色の経歴を持つ現役美大生、林陸也さんによるストリートブランドが「シュガーヒル(SUGARHILL)」。
空デが今熱いですね。


教員の活動をまとめて。

“見ること”を追及し続ける作家の展覧会 『未来の幽霊 -長沢秀之展-』が9月より開催に | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス
油絵・長沢先生の退任展。
今年は遠藤彰子先生も退任展があるし、今は油絵学科が新しくなるタイミングなのかもしれません。


油絵学科といえば、
対談「ジャコメッティを眺めてあれこれ考えてみる」
●講師:袴田京太朗(彫刻家)×冨井大裕(美術家)
●日時:7月15日(土)17:00-19:00(16:30開場)
●会場:国立新美術館 3階研修室AB

国立新美で開催中のジャコメッティ展関連イベントとして、油絵学科の袴田先生と彫刻卒の冨井くんが昨日対談をしています。ムサビ彫刻OB対談(笑)
しかし早くジャコメッティ展行かないと・・。


国立新美といえば、
2017年南カルフォルニア建築大学 東京シンポジウム 「身体を意識する—分散化するヒトの空間と形態」
●日時:2017年07月16日 13:00~17:00
●会場: 国立新美術館 3階講堂
●参加者:小渕祐介(東京大学)|今村創平(千葉工業大学)|トーマス・ダニエル(セントジョセフ大学)|ピーター・テスタ(南カリフォルニア建築大学/TestaWieser)|ピーター・トルマー(南カリフォルニア建築大学/インスブルック大学)|ヘルナン・ディアス・アロンソ(南カリフォルニア建築大学/Xefirotarch )|金野千恵( t e c o )|中里唯馬 (YUIMA NAKAZATO )|ジョン・N・ボン(南カリフォルニア建築大学/ジョンボンアソシエイツ)|猪子寿之 (チームラボ)|脇田 玲 (慶応義塾大学)|津村耕佑( Final Home )
●料金:入場無料

これも今日のイベントなんですが、南カルフォルニア建築大学(SCI-ARC)主催による環太平洋地域の建築家・デザイナーのシンポジウムに津村先生が登壇されます。 


KENYA HARA GRAPHIC DESIGN EXHIBITION 原研哉展
●会期:7月24日(月)〜8月20日(日)
●会場:オリエンタルホテル広島 1F オリエンタルデザインギャラリー
◎「ヒロシマ・アピールズ」ポスター2017完成記念基調講演会
・日時:7月24日(月)18:30-19:30
・会場:オリエンタルホテル広島 3F チャペル
・定員:80名 *要予約
・出演:原 研哉


広島で開催される原先生の展覧会。
はたしてこのグラフィックが意味するものとは?
 
 

リボーンアートフェスティバル 2017
●会期:2017年7月22日(土)~9月10日(日)
●会場:宮城県石巻市(牡鹿半島、市内中心部)
●提携会場:松島湾(塩竈市、東松島市、松島町)、女川町
●参加アーティスト:ブルース・ナウマン、カールステン・ニコライ、Chim↑Pomほか

空デの鈴木先生ほかムサビ関係者が出演してます。


堀尾幸男「寺子屋塾」

●日程:2017年8月21日(月) – 8月27日(日)
●場所:東京芸術劇場アトリエイースト B1F
●締切:7月21日(金) *定員30名

空デ・堀尾先生が講師として参加されるJATDT(日本舞台美術家協会)主催の育成講座です。
 
  
夏ゼミにて美術大学の現役講師の方々によるワークショップ開催!|ボックスフォーデザイナーズ
7月28日(金) : 武蔵野美術大学 工芸工業デザイン学科教授 田中桂太 先生
7月31日(月) : 東京造形大学 デザイン学科 テキスタイルデザイン専攻教授 清家弘幸 先生
8月3日(木) : 武蔵野美術大学 デザイン情報学科教授 白石学 先生

岡山の画塾でムサビ、それと東京造形の先生によるワークショップがあります。



次に卒業生の活躍。
まずは漫画ネタを2つ。
『左ききのエレン』の8巻が、Kindle電子書籍で発売!
もう8巻!
 
  
別冊少年チャンピオン9月号 

第3回3誌合同NEXT CHAMPION 新人まんが賞で奨励賞になった彫刻学科卒・黒田 隆太郎くんのマンガ「裕道くんはニブすぎる!」が8月12日発売の別冊少年チャンピオン9月号に掲載されます!
意外と漫画家を輩出してるムサビ彫刻(笑)
 
  
【テレビの凪~安定と油断の向こう側】めちゃ×2凪てるッ! 『めちゃイケ』という青春の残像
「美大生図鑑」著者の基礎デOB・ヨシムラヒロムくんが週1の連載を始めました。
オファーシリーズのSMAPライブを最初に見た時は本気でドキドキしながら興奮したなあ。
 
 
田名網敬一 「貘の札」
●日程:2017年6月24日(土) – 8月5日(土)
●時間:11:00-19:00(日・月・祝祭日定休)
●会場:NANZUKA [ナンヅカ] 東京都渋谷区渋谷2-17-3 渋谷アイビスビルB2F

大先輩の田名網さん!
 

東京ミッドタウン・デザイン部「日本のグラフィックデザイン2017」朝のギャラリーツアー
●日 時:7月27日(木)8:30-9:30
●場 所:東京ミッドタウン・デザインハブ
●参加費:500円(チケットの事前購入をお願いしています)
●定 員:20名(先着順・定員になり次第締切といたします)
●ゲスト:廣村正彰氏、高田 唯氏
*会場ではコーヒーとパンをご用意いたします。

朝1にデザイン、略して朝デザ!
今回はムサビOBであり東京工芸大教授である廣村さんが登壇します。
ミッドタウンデザイン部はいろいろ活動してますんで、そのほかのイベントのこちらをご覧くださいませ


ここからは大学の活動を。
・・といっても、一つ目はそのミッドタウンなんだけど(笑)
東京ミッドタウン・デザインハブ・キッズウィーク 2017「キラキラ涼しげ!水族館ブレスレットをつくろう」

●日時:8月7日 (月)|(1)13:00-|(2)14:00-|(3)15:00-
●会 場:武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ
●対 象:小学生以上
●参加費:1組300円
申し込みはこちら

ウォーターチューブのブレスレットづくりです。
実はミッドタウンキッズワークショップ募集で1次審査通過した学生さん企画。
すごくきれいなものが簡単にできるんだけど時間がかかるのがネックで、ミッドタウンキッズワークショップでやらずにこちらで開催することにしました。
ミッドタウンやデザインハブの夏イベント詳細についてはおいおいと。
 
 
【電撃PS】“ムサビ”での講演について語るSIE・山本正美氏のコラムを全文掲載
デザイン情報学科の授業の様子。
 

美術館・図書館情報を二つ。
ムサビ・キッズプログラム「ミニチュアチェアをつくろう」
●日程:2017年7月29日(土) 13:00−16:00
●場所:武蔵野美術大学美術館 第10講義室、椅子ギャラリー
●定員:15名 *応募多数の場合は抽選
●対象:小中学生 *小学校3年生以下は保護者同伴
●参加費無料
●申込方法:メールでの事前申込(7月20日締切)

美術館では、ムサビ・キッズプログラム「ミニチュアチェアをつくろう−ムサビの近代椅子コレクションに触れる−」を開催します。近代名作椅子の1/5サイズのミニチュアを作ります。また、当日は普段入ることのできない“椅子ギャラリー”へもご案内します。


文化庁アーカイブ中核拠点形成モデル事業【プロダクトデザイン分野】
2015年からスタートしたプロダクトデザインのデータベースをオープンしてます。
このサイトで面白いと思ったのは「プロダクトデザインの定義」ですね。なんとなく「プロダクトデザイン」は「現代アート」なんてフワフワした単語と比べてしっかりした言葉だと思ってただけに「そうか。プロダクトデザインにもいろいろあるんだな」と気づかさせてくれたというか。
 

これは学生さんにはとっても大事な話。 
平成29年度前期末講義科目定期試験・レポート課題提出について
高校と違って「レポートの提出忘れてました」は大学では無理だからね。
 
 
最後に法人企画グループからのお知らせ
「武蔵野美術大学校友会東京埼玉支部」名称にご注意ください
あまりいい話じゃないんですが、隠すべきことでもないので。


長期臨時勤務者募集(法人企画チーム・大学史史料室事務補助業務)
どうぞよろしくお願いいたします。


以上、ここから1週間更新休ませてもらいます、の手羽がお送りいたしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中