ECAL×TAMABI in 21_21 DESIGN SIGHT Gallery3に行ってきた

2017年5月27日(土)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日はミッドタウンデザインハブ構成団体(日本デザイン振興会、JAGDA、MAUデザイン・ラウンジ+東京ミッドタウンマネジメント)の月1の定例会があったので、六本木へ。
中央道は集中工事ですんごい渋滞。いつもだと大学から1時間でいけるんだけど、2時間以上かった(涙)


デザインハブではちょうど昨日からこの展覧会が始まりましたよ。

東京ミッドタウン・デザインハブ第66回企画展「暮らしの未来」NEXT GENERATION – インテリアデザイナー展

●会期:2017年5月26日(金)~6月3日(土)
●時間:11:00-19:00
●入場料:無料
●協力:公益社団法人インテリア産業協会


IFI(国際インテリアアーキテクト/デザイナー団体連合)は、全世界共通のテーマでインテリアデザインの果たす役割について考える日として、毎年5月の最終土曜日を「WORLD INTERIORS DAY」と定め、日本でもこの日を含んだ週を「ワールドインテリアウィーク(WIW)」とし、全国各地でイベントを展開してるそう。

住宅デザイン、ホスピタリティーデザイン、商業施設デザイン、オフィスデザイン、プロダクトデザインの5分野で顕著な活躍歴があり、将来が期待される40歳以下のデザイナー7人とユニット3組の紹介および作品展示展になってます。

「あれ。これ幹也くんっぽいなあ」と思ったら、

やっぱりムサビ工芸工業デザイン学科卒・小林幹也くんの作品だった。
ちょうどデザイン・ラウンジの前に展示されてたのは偶然なのか、気を使っていただいたのか。
ありがたやありがたや。


時間がちょっとできたので、今まで行けなかったあそこへ。

3月31日、21_21 DESIGN SIGHTが10周年を機に新たにつくったスペース「ギャラリー3」です。
「え?21_21のどこにそんなスペースがあったっけ?」と思った方には「21_21の左側にあったレストランがギャラリーになった」でわかるはず。

スペース3では世界各国の企業をはじめ、教育・研究・文化機関等との密な連携によって実験的なプログラムに取り組む予定で、「公園の一部」という考えで基本的に入場無料の展示などを行っていくそう。
トークショー等のイベントでは既に使われてたけど、現在最初の展覧会をやってるっていうんで行ってみることにしたのです。


記念すべき最初の展覧会は、

ECAL×TAMABI in 21_21 DESIGN SIGHT Gallery 3
●会期:2017年5月25日(木)- 26日(金)
●開館時間:10:00-19:00
●入場料無料
●主催:ローザンヌ美術大学(ECAL)、多摩美術大学、21_21 DESIGN SIGHT
●協力:tempo(mother tool)+DRILL DESIGN、スイス大使館、the State of Vuad Summer University program


日本のモビールブランド tempo(mother tool)との協働により、スイスのローザンヌ美術大学(ECAL)工業デザイン学科2年生たちが工房滞在を通じて作成したモビールのプロトタイプや素材研究成果を、多摩美術大学生産デザイン学科プロダクトデザイン専攻の学生達とともに展示し、発表するコラボレーション企画。
 

こんなに六本木とミッドタウンに貢献してるのに、やっぱりこういう時はムサビじゃなくてタマビなんだな(涙)
いや、いいんです。タマビさんも頑張ってもらいたいな、と(上から目線)
 
  

個人的にいつも面白いなーと思ってるのは、だいたいこういう時って普通は学長メッセージを載せるんですよ。「教学」の活動なので。
でもタマビは大学連携の時とかも含めて、ほぼ全部藤谷理事長なんですよね。

オシャレな空間になってました。
場の力が強いからバリバリに凝った展示は難しそうだけど、インスタレーションっぽいものは面白い展示になりそうですね。
 

こちらはタマビプロダクトのパンフレット。
キレがある素敵なデザイン。
 

ちなみにミッドタウン・ガーデン芝生広場にできた江戸富士(EDO-FUJI)もいよいよ5月28日(日)までとなりました。


以上、

そういわれてみたら、できた直後の3月の時より、斜面が緩やかになってるというか、全体的に小さくなったような気がする手羽がお送りいたしました。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中