【新しい道路が生まれる日】こだいら3・3・3バースデーセレモニー が行われます。

2017年3月20日(月)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日の卒業式レポート でも紹介したように、小平都市計画道路3・3・3号線、通称「小平3・3・3号線」の一部が2017年3月23日に開通します。


「小平3・3・3号線」とは何か?
1963年に都市計画決定した道路事業で、将来的には立川通りから花小金井駅あたりまでつながる予定です。この地図を見てもらうのが早いかな?


とは言っても、道路予定地は住宅や店舗、畑等とかぶっていてほとんどが未着手。完全につながるのは・・・何年後でしょうね・・100年後ぐらいかしら(ぼそっ)
ほんとに全部がつながると全長33kmの道路となり「新五日市街道」と呼ばれるはず・・だけど何年後かしら・・(ぼそっ)

この計画はおもっきしムサビの中も通ってます。
ムサビが吉祥寺から鷹の台校地に移転する段階で敷地内に道路計画があることはわかっていて、「いつかわからないけど、ムサビが北キャンパスと南キャンパスに分かれることになるはずだから」と入職してすぐに聞かされたっけ。
で10年前ぐらいにムサビの区間が先行して着工されることになったので、数年がかりの玉突き工事でグランドを移設し、14号館を作り、地下通路を作ったと。
詳しくはこちらをご覧ください。
【地下通路は必見】ムサビ14号館竣工式に行ってきた

これは卒業式当日の18日朝に撮影した写真。
昔のムサビOB達に説明するなら、「工デの2階建工房や『風月』があったところが道路になった」「8号館
と体育館の間」が一番わかりやすい説明かな。
もうほぼ完成してて、外構整備を少し残す程度。

てなわけで、この場所で小平市主催の開通式が行われます。
小平3・3・3号線(小川町一丁目区間) 開通式・交通開放
●日時:平成29年3月23日(木曜)午後1時30分~2時
●会場:小平市小川町一丁目606番地付近(武蔵野美術大学前の新設横断歩道)
※開通式終了後、通行が可能になります。

2時ごろにテープカットを行われ、そして開放という流れ。
道路開通のためなので、雨天でも式典は開催されます。


で、開通式前の午前中にこんなイベントをムサビ主催でやることになったのです!!

こだいら3・3・3バースデーセレモニー 〜つながれ!ぼくらの3・3・3〜
●日時:2017年3月23日(木)
●時間:11:00-11:30
●会場:武蔵野美術大学 3・3・3号線新設道路
●主催:武蔵野美術大学
●協力:小平市立小平第十二小学校、小平市
●企画:武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科3年環境クラス・チームみみみ


開通式を小平3・3・3号線のマスコットキャラクター「333(みみみ)ちゃん」の誕生日となぞらえて、小平市立小平第十二小学校の4年生とムサビの学生が一丸となって開通式のお祝いをします!
 
 

視覚伝達デザイン学科3年「環境デザイン」(担当:斉藤先生)では、6年前から小平第十二小学校4年生と「変わりゆく小平のまち」について連携ワークショップを行ってきました。

「都市計画道路のために、ムサビはキャンパスが分断された」「小平十二小学校は校庭の大事なけやきの木が伐採された」「環境破壊」がネガティブに捉えたケース。
でも、連携ワークショップでは「ムサビと十二小学校とが3・3・3号線のおかげで一本につながるっ!!」と「変えられない未来ならポジティブに捉えた方がいいよね」というアプローチで取り組んでいます。「ネガティブなものも可能な限り受け入れ、前向きにポジティブ変換しよう」という考え方がすごくソーシャルデザインらしいなあ、と。
ムサビも北キャンパス・南キャンパスに分かれて不便になることも多いけど、道路に接する面が大きくなったということは、社会への接触やアピールが強くなるってことでもあるんです!


というわけで9月末に斉藤先生に相談し、今年度の12小との合同ワークショップは小平市の名産品や身近にある建物などをモチーフに、マスコットキャラクターと彼らが乗る「パレードカー」を作ることになったのです。パレードカーというか「ミニお神輿」といった方がいいかな?
んで、そのパレードカーを担いで、4年生約60名がラテ研と一緒に3・3・3号線を行進する、と。

まだ開通していない道路ということで小平市さんにはかなり無理をいってご協力いただきました。
さすがに道路を全面的に練り歩くわけにはいかず、横断歩道周辺だけなんですが、子供たちにはいい思い出になるはず。なんせ開通式前だから大人でさえ道路工事関係者以外入ってない道路なんだもん。
そして、十二小の校長先生がこのイベントを授業として認めてくれました。
十二小・小平市関係者のみなさん、ありがとうございました!!

こちらがこのイベントのために爆誕した333(みみみ)ちゃんです。
視デ生がデザインした小平市非公式キャラクター(笑)
「3」で構成されてて、かわいいでしょ?
手羽は「なぜ右眉だけなのか。どんな事情があって左の眉毛を剃ったのか」妄想しちゃうけど。

ちなみに小平市内で認知度が上がってる「ぶるべー」は工デ、「コダレンジャー」は基礎デの学生さんがデザインしています。
「ぶるべーがムサビ生デザイン」ってのは見かけるんだけど、コダレンジャーもムサビってのはほとんど紹介されなくて。
 

ちなみにちなみにコダレンジャーの出動回数が今年劇的に増え、現在ボランティア隊員募集してます。説明会は4月16日。ヒーローになりたい人はぜひ!

「『ブルーベリーパープル』って、青なのか紫なのか?」って細かいことは抜きにしてね。
 

以上、将来的には333ちゃんの着ぐるみも作ってほしい手羽がお送りいたしました。小平市さん作ってくれないかなあ・・全面開通する100年後ぐらいになっちゃうかなあ(ぼそっ)  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中