コンペに出すならバイトしよう

(続き)エアコンが壊れ寝苦しい夜は完全に「枕をおっさん臭にする機械」となってる手羽です(涙)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日と逆の話です。
バイトするならコンペに出そう


と言っても全く逆ではなく、せっかくの夏休みという長期休業期間なんだから、地元に帰って友達とカラオケ行ったり遊びほうけるのもいいけど、自分に何か残るものをやった方がよくね?ってことを言いたくて。
勢いで「バイト」と書いちゃいましたが、それはボランティアでも一人旅でもよく。

手羽が大学1年、2年の夏休みは地元で遊びまくって何にも残さなかったの。「現役でムサビに受かった手羽さんがやってきましたよー」と先輩ヅラして意味もなく美術予備校に顔を出したり。「ああ。あの時間に東京で長期バイトやったり海外旅行しとけばよかった・・」と今は後悔してます・・1か月以上まとまった休みなんて、就職したらもう無理なんですよ。大学時代しかできないことの一つが「勉強以外の何かを長期間まとまってできる」ことなのよね。(就職しなければ別ですが・・)


例えば、ムサビだと夏スクーリングのモデルバイトがあります。

毎年共通彫塑がスクーリングの頭モデルを学生さんから募集してまして、実働4.5日で7万円です。普段の学内バイトの時給はもっと低いのだけど、モデルバイトはモデル料金が適用されるのでこの金額になるんです。約5日間座ってるだけで7万円っておいしいと思いません?
これは美大特有のバイトと言えるかもしれない。ま、締切は過ぎてるけどね(手羽の性格の悪さ)

ただ、「座ってるだけで」と書きましたが、ずっと1日同じポーズを取るのってかなり大変です。しかも夏の暑い時期なんで募集チラシに書いてる通り「健康な人」じゃないとできないのがモデルバイト。座りポーズだと眠りとの闘いもあったり。
 

手羽も学生時代、共通絵画の夏スクーリングでモデルをやったことがありまして。2週間だったかな?海パン1枚の全身モデル。初日モデル控室に行ったら「はい。これをはいてください」と指示されました・・。
昔からポッチャリと言えばポッチャリだったけどまだあの頃は腹筋は割れてたんで、今全身モデルやれって言われたら、おっさん困っちゃう★脱ぐとすごいよ(違う意味で)・・っておっさんの体のことはいいのだ。
描かれる側(モチーフ・被写体)を一度体験しておくと、何かしら役に立つことがあるかもよ。


彫刻や空間演出系、工芸工業デザイン系だと「造形屋」という長期バイトがあります。
テーマパークのアトラクションの周辺に設置される人形や装飾は、多くはFRP(強化プラスチック)でできてて、通称「造形屋」と呼ばれてる業種が作ってるんです。
新しくアトラクションができる場合、造形屋さんのもとに美大生がバイトで集められ、夏休み中近くのホテルに泊まり毎日作業をしてたりします。時給もいいし、お金を使う時間がないからこれが結構いいバイトで。大変だけどね。
手羽の同級生は某ディズ●ーランドも某ピュー●ランドも某U●Jも関わってました(笑)


で、これはバイトじゃありませんが、
サポートスタッフ募集!!|夏のキッズイベント『IID kids WORKSHOP 2016』


IID 世田谷ものづくり学校では、子ども対象のワークショップを毎年開催してて、そのサポートスタッフ(ボランティアスタッフ)を募集してます。
●日程:2016年8月6日(土)or7日(日)
●内容:ワークショップ講師のアシスタント/会場の準備・片付け/来場者案内・受付など
●定員:5~10名程度

 
今の学生さんは、ワークショップを企画するのはファイン系もデザイン系も関係なく必ず通る道になってるはず。
でも特に子供向け企画は経験値がないと机上の空論になっちゃうことが多いんです。
一番は「小学校低学年が一人でどれくらいできるのか大学生は知らない」問題。
「ハサミやカッターでまっすぐ切れるのか(多分切れない)」「●色と●色を混ぜると何色になるのか(全くわからない)」とかは企画を考える時になんとなく気が付いても「自分は確かできたはず」「えー、そこまで準備するの面倒じゃね?」と記憶補正・面倒補正で対応しないケース。
また、「子供向け企画なのに説明パネルに漢字の振り仮名がなかったり、子供に参加してほしいはずなのに難しい英語を使ってる」「用意したサイズが大人サイズ」・・・なんてことも「誰に向けたワークショップなの?」と後から指摘されたら「そりゃそうだよね」とわかるんだけど、意外と学生さんは事前に気が付かないんです。
何度もそういう学生さん企画のワークショップ見てきました。ま、そもそも説明パネルを子供は読まないけどね(笑)
実験台になってくれる小さな子が近くにいればいいんだけど、こういう経験は他のワークショップに参加するしかなく、一度でもいいからやっておくといざって時に助かります。


今の学生さんはバイト探す時ってどうやってるんだろ?
昔だとanを立ち読み・・じゃなくて買って探したもんですが、今はタウンワークとかなのかな?

美術・デザイン系限定ってことだと、トヨタが企業メセナ協議会と連携して運営してる
キャリアバンク|ネットTAM
(ボランティア情報も出てます)や、JDNさんがやってる
「デザインのお仕事」働き方もデザインする人の求人サイト
あたりなんですかね?


あ、そのJDNさんも夏休み短期バイト募集してますよ。

7/22(金)~8/10(水)短期アルバイト募集|株式会社JDN
日本最大のコンテスト情報サイト「登竜門」の繁忙期を助けてくれる短期アルバイトを募集してるそう。
コンペ情報を真っ先に知ることができ、なおかつバイト代がもらえるっていう究極の裏ワザです(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中