【年末の女】しめ飾りコレクション展開催中

風邪気味の手羽です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特撮モノでロボットが全部出てくる回があれば「ああ。もうすぐクリスマス(商戦)なんだな」とか、ランドセルの宣伝が始まれば「もうすぐ夏休み(お盆で帰省)なんだなあ」とか、それによって季節の訪れを感じるものがあります。


手羽にとって年末を感じるものがふたつあり、ひとつはユニコーンの「雪が降る町」が街に流れ始め出した時。
もうひとつは、ある女性が活動を始めた時。
彼女からメールやDMが届くと、
「ああ。もう年末だなあ・・年賀状、そろそろ考えなくちゃなあ・・。今年の汚れ、今年のうちにだなあ」
と反射的に思うようになりました。

そして今年も見事に届きました(笑)


彼女の名前は森 須磨子。通称モリスマ。
あ、この記事で「モリスマコさんのあだ名がモリスマで1文字しか省略してない非効率なあだ名」と書いた、そのモリスマさんです。

モリスマさんは芸術文化学科立ち上げ時の元助手さんで、現在は日本で唯一の「しめ飾り研究家」として活躍されてます。あ。しめ飾りとは皆さんもご存知、正月の玄関に飾るアレ。


へ?しめ飾り?何言ってるの。あんなの全国どこでも同じでしょうに」と思うでしょ?でしょ?私もそうでした。でも、地方によって、もしくは山を一個超えるだけでも形が全然違うんです。私達が思っている以上に民俗学的で奥深い世界なんですね。
そのしめ飾りをモリスマは年末年始に全国各地へ飛んで調べてて、2010年にはこういう本も出しています。

しめかざり (たくさんのふしぎ傑作集)


日本で「しめ飾り」と言えば、間違いなくモリスマさんなのです。

 
そのモリスマさんが集めたコレクション250点の中から、初公開を含む約100点のしめ飾りを公開する展覧会が昨日から開催されています。

森須磨子しめ飾りコレクション展 寿ぎ百様
●会期:2015年12月12日[土]-2016年2月14日[日]会期中無休
●開館時間:9時-16時30分(入館は16時まで)
●観覧料:一般 1200円 高校生 700円 小中学生 500円
●会場:四国村+ Shikokumura gallery(〒761・0112 香川県高松市屋島中町91)
●主催:公益財団法人四国民家博物館/協賛:カトーレック株式会社


四国は香川ですが、ぜひ!


「面白そうだけど四国へ行くには・・」という方は、こちらはどうでしょう。
無印良品 有楽町店のOpen MUJI Tokyoで、


「暦と過ごす『年送り、年迎え』展」というのが開催中なんですが、モリスマさんが登壇されます。

トークイベント「お正月を豊かにするしめかざり入門」
●開催日:2015年12月16日(水)
●時間:19:00-20:30(受付は開始の30分前から)
●会場:無印良品 有楽町 2F Open MUJI Tokyo
●登壇者:森 須磨子(グラフィックデザイナー・しめ飾り研究家)
●定員:60名様
●参加費:無料
申し込みはこちらから



もひとつしめ飾りといえば、こちらはモリスマさんじゃないんだけど、小平でしめ飾りを作るイベントがあります。
お正月用しめ飾りを作りましょう!
●日時:12月19日(土)午後1時30分〜
    1組:1:30〜2:30  
    2組2:30〜3:30
●製作指導:棚橋早苗さん 武蔵野美術大学 講師
●場所:小平市きつねっぱら公園子どもキャンプ場
●主催:NPO法人こだいら自由遊びの会
●参加費:500円
●定員:20名、要申し込み(先着順) →申し込み方法はこちら


当日はもちつき大会もあるそう。

しめ飾りの時代がきてる!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中