グッドなデザイン・ラウンジ2015

広報チームリーダーから「やってることは素晴らしいと思うんですが、『グッドなデザイン・ラウンジ』ってタイトルが、すんごく手羽さんぽくて嫌なんですよね」と言われた手羽です(実話)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

でも、「イラストの雰囲気が」「文章のタッチが」とかじゃなく、タイトル名、つまり単語で手羽らしさが出ちゃうなんて、いくつくところまで来たな、と(基本的にポジティブ思考)


というわけで、六本木ミッドタウン・デザインハブにある武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジで、明日からこの企画がスタートします!!
・・・はい、明日からなんです・・・。

芸祭ネタに夢中で宣伝するのを完全に忘れてました・・・・はい、明日からなんです・・・。

芸術の秋である10月最終週にデザイン・ラウンジではこの企画をやるようになりました。
今年のグッドなデザイン・ラウンジは「平日は展示、土曜・日曜・祝日はイベント」という構成になっており、イベントはいつもデザイン・ラウンジでレクチャーや勉強会をやってる団体さんにお願いしました。


まずは展示系。
2014年度武蔵野美術大学産学共同プロジェクト成果パネル展示

●会期:10/30(金)-11/4(水)
●時 間:
 10月30日(金) 13:00-19:00
 10月31日(土)-11月3日(火・祝)
  11:00-19:00
 11月4日(水) 11:00-17:30

 

2014年度に武蔵野美術大学が行った産官学共同プロジェクトをパネル展示します。
あ、便宜上時間を入れてますが、常に見える状態になってるので基本的にはいつでもパネルは見れるんですけどね(笑)
ただラウンジ内に産官学プロジェクト報告書を展示してて、これは上記時間だけ読めます。
ぜひムサビと産学やってください。


次はどこにも情報が出てないこれを。
▼2015年度一般入試 実技合格作品展示
よく聞かれるんですが「受験生が入試の時に描いた実物」です。再現作品でもコピーでもありません。イベントが入ってない時間だけ展示してます。

芸祭直前に入試合格参考作品パネルを入学センターから貸し出してもらえることが決まったので、まだどこにも出てないのです(笑) 
ラウンジで一度合格作品を展示したかったんですよ。なぜなら受験生はもとより、デザインハブにいらっしゃった企業の方などに「ムサビの実技力」を見てもらいたくて。

今やこれだけの実技合格作品を簡単に展示できる美大は少なくなってきました。
「コト」「ヒト」も大事だけど、それをアウトプットする「モノ」を作る力を入学段階でこのレベルに達してる学生さんがいるのがムサビやタマビで、これを基準に授業がスタートしている・・・という表れでもあります。
また、「実技参考作品」といっても「作品の丁寧さや綺麗さ」が唯一の判断基準ではありません。それは恐らく日本の美大を知らない人の美大のイメージで、「テーマ・モチーフから何を感じたか?どう解釈したか」が最大のポイントであり、そして「それをどう表現したか?」な流れであることがこの参考作品をみてもらえれば一目瞭然になるはず。

ただし、デザイン系学科のみの展示で、油絵や彫刻のデッサンなどはないのでご了承ください。
あ、スペースの関係で全学科は展示できてないのですが、言っていただければデザイン系学科のほかの作品を出すことはできますよ。
それと基本的には進学相談はやってませんが、スタッフは視覚伝達デザイン学科、デザイン情報学科、芸術文化学科の研究室スタッフ経験者なので、そのあたりの領域だと説明できます。暇してそうだったら声をかけてください(笑)
 
 
で、イベントは3つあります。まず、
【workshop】大切な人に贈ろう! ☆わくわく飛び出すメッセージカード☆

●日時:2015年10月31日(土)13:00-15:00
●参加料:無料
●対象者:不問(小学生以下のお子様は、保護者の方とご参加ください)
●定員:15名(先着順、途中退場可)
●運営:株式会社コロプラ


普段はラウンジでレクチャーをやってるコロプラさんは、夏にもワークショップをやってます。

普段はデザイナーとして活躍してるスタッフの皆さんでして、「パソコンの前ばかりいないでさ、ベタな造形ワークショップを企画して、子どもと直接触れ合おうぜ」という人事部の意図・・・があるかどうかはわかりませんが、前準備からなにからすべてコロプラスタッフの方が関わっています。

今回はコロプラのゲームキャラクターを絵描き歌で描いてポップアップメッセージカードを作るそうです。
子ども向けのワークショップですが、ここに来れば強制的に飛ぶ熊・・じゃなくて飛ぶ鳥を落とす勢いのコロプラ現役デザイナーさんに会えるわけで、就職を考えてる皆さんも来てみるといいことがあるかもよ。


【workshop】折詰め会 拡大版「何を目指して、”その職業”をしていますか?」

●日時:2015年11月1日(日)14:00-16:00(開場 13:30)
●参加方法:当日お越し頂ければどなたでも参加できます。※途中入退場自由
●参加料:無料


折詰め会のことはちゃんと説明しないといけませんね。
デザイン・ラウンジを立ち上げた直後、東京ミッドタウンに入居してる某ゲーム会社にインハウスデザイナーとして勤めるタマビOGから「若手デザイナーやエンジニアの勉強会をやりたい」とコンタクトがありました。
そしてデザイナーなど専門性を持つ人が集って「何か面白いこと」を探索し合い各自持ち帰る場として生まれたのが、この「折詰め会」なのです。

月1回開催してて、次回の11月25日でなんと第38回目ですよ。
【study】折詰め会 第38回
ぶっちゃけ、こんな息の長い企画になるとは全く思ってなくて・・・。

今年のグッドなデザイン・ラウンジでは、拡大版として普段折詰め会に参加してるデザイナー・学生・エンジニア・コミュニケータを中心として「何を目指して、”その職業”をしていますか?」をテーマにディスカッションします。
カテゴリーが「トークイベント」ではなく「ワークショップ」になってるのは参加型イベントと考えてまして。
学生さんでも誰でもウェウカム。
皆さんも一緒に輪に入りませんか?

●日時:2015年11月3日(火・祝)13:00-16:00
●参加料:無料
※時間内であればいつでも入場可。所要時間10分程度。
●実施主体:ラナエクストラクティブ
●協力:TEAM KIDSTONE(ソニー・ミュージックエンタテインメント)



いつもレクチャー・ワークショップなどでお世話になってるラナエクストラクティブ(REX)さんの企画。
デザイン・ラウンジのWEBサイトもREXさんによるものです。
いろいろやってるから、未だに手羽は何屋さんかわからないのだけど(激白)
http://www.ranaextractive.com/
今回は、ソニーミュージックと共同開発中の『VOLLY』という ボール型の音楽ガジェットに言葉を吹き込み、自分自身の動きによって音に変換することで、感情を音楽に変える実験を行うそうです。

手羽もその「VOLLY」の実物をまだ見てないのだけど、動画を見せてもらった限りでは、これ、来年グッドデザイン賞に申請すれば受賞するかもしれません。


あ、そうそう。グッドデザインといえば、たまたまグッドなデザイン・ラウンジと全く同じ時期に同じミッドタウンで、このイベントが開催されるそうです。

グッドデザインエキシビション2015(G展)
●会場: 東京ミッドタウン内各所
●会期:2015年10月30日(金)〜11月4日(水)
●時間:
 10月30日(金) 13:00-20:00
 10月31日(土)〜11月3日(火・祝)
  11:00-20:00
 11月4日(水) 11:00-17:30
●入場料:1000円(一部入場料不要のエリアあり)
http://meeting.g-mark.org/
 

いやーー、偶然ってあるもんですね(いつか訴えられる)
あ、「一部無料のエリアあり」がデザイン・ラウンジのあるデザインハブ(ミッドタウンタワー5階)でして、ガシガシ入ってきちゃってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中