【ムサビと小平市が紹介される!】「ぶらり途中下車」と「アド街ック天国」と「ぶらぶら美術・博物館」

2020年11月7日(土)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プチ田舎ブームが来てるのか、立て続けに小平市とムサビが紹介されます。
こういうのって、全然ない時はないのに、重なる時はほんと重なるんですよね。


まず、今日11月7日(土)午前9時25分から10時半に日本テレビ系列で放送される、
ぶらり途中下車の旅

この日は「西武鉄道多摩湖線・国分寺線の旅」で、西武国分寺線はムサビへの公式ルート。
ムサビが出てくるかはわからないけど、日本に4つしかない「恋」が付く駅「恋ヶ窪」とかそのあたりが紹介されるんじゃなかろうか。


で。多分ムサビが紹介されるのは、同じく11月7日の夜9時からテレビ東京系列で放送される、
出没!アド街ック天国

東京都のほぼ真ん中に位置する「小平市」に初出没。
豊かな水と緑にあふれる「都会から一番近いプチ田舎」。まさに現代の理想郷ともいうべき街なのです。名門大学や世界的タイヤメーカーの開発拠点なども点在。門外不出の"津田塾あるある"や世界も驚く新素材も紹介しちゃいます。満腹学生メシやこだわり卵食べ放題のTKG定食、新食感パンケーキ等美味しいものも充実。西武線密集の謎&直角カーブの鉄道ネタも熱い街なのです。


お隣の国分寺や東村山や小金井が出てて(なんだかんだ全部見てる)、小平市はいつかいつかと待ってたんだけどようやく(涙)
紹介といっても、「小平市には大学がいっぱいあります」の一瞬で終わってしまう可能性が高いけど。少なくとも「名門大学」にムサビが入ってますように・・・。
とにもかくにもムサビ関係者、小平関係者は7日は朝からテレビの前に正座しときましょ。


確実にムサビが出てくるのが、11月10日放送のBS日テレで午後9時から放送される、
ぶらぶら美術・博物館

今回は武蔵野で名建築ツアー。ぶらぶら初訪問の、武蔵野美術大学、通称“ムサビ”からスタートです。美大だけあって、キャンパス内にはデザイン性が高い建物ばかりなのですが、中でも、世界中から見学依頼が殺到している注目の建物があるのです。それは、武蔵野美術大学 美術館・図書館。美術館と図書館が一体化した建物で、特に図書館の造りは、今までにない構造として注目されています。建物全体がガラス張りになっていて、まわりの景色に溶け込むような外観。館内に入れば、床から天井まで伸びる本棚!その圧巻の空間は「森」をイメージしたのだとか。でも、巨大本棚には本があまり入っていない…?!一体なぜ?その秘密を伺います。

こちらはつい先日学内で収録が行われたんです。
上記CM見ると、江戸東京たてもの園が中心になりそうな気もするけど・・・。


以上、手羽は23区民だし、最近は所沢市や立川市に浮気気味だったけど、やっぱり小平市が紹介されると嬉しい手羽がお送りいたしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカとハイキュー!と合体変形ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し