【オンラインでのアートのつながり】美大ニュースまとめ20200908

2020年9月8日(火)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手羽が気になった全国の美術系大学関連情報をピックアップして紹介する美大ネタまとめ。
2週間の1度頻度ぐらいでやってて、今回は前回8月25日以降の情報をお届け!


まず大きな話題だとこれでしょ。
立命館大学|映像学部・研究科、情報理工学部・研究科が2024年4月、大阪いばらきキャンパスに移転 「ソーシャルコネクティッド・キャンパス」の創造を目指す

衣笠キャンパスにある立命館大学映像学部(と映像研究科)が2024年4月に大阪いばらきキャンパス(OIC)に移転することが発表されました。同時にびわこ・くさつキャンパス(BKC)にある情報理工学部もOICへ。
ちなみに手羽はOICには2017年訪問してます。
立命館大学大阪いわきキャンパス(OIC)に行ってきた(東工大にも)
この時ははっきり書けなかったけど、ずばり新学科・市ヶ谷キャンパスの参考に行きました。今読むといろいろヒントが隠されてるのがわかると思います(笑)
ちなみにちなみにBKCではタマビ米山さんと2011年に授業をやらせてもらったりしてます。これ、9年前か・・。

しかし、映像学部ができたのが2007年、びわこ・くさつキャンパスができたのが2004年。
たった20年ぐらいでこんな大きな決断をされるんだなあ・・年数っていうかタイミングなんでしょうね。


一方、学園祭をオンラインで開催するところもあり、先週末行われたのが東京藝大。
【バーチャル藝祭】藝大バーチャルストリート
クロージングは

手羽もちょこちょこ見てました。



京都芸術大学も。
2020年度大瓜生山祭(オンライン学園祭)の開催概要について
●日程:2020年10月31日(土)~11月8日(日)
●テーマ 「はじめまして。ひさしぶり。」

この期間ぶっとおしでやるそうですよ。


タマビも発表されました。
多摩美術大学 Web芸術祭2020 公式

後期から大学院生対象横断型講座「エクスペリメンタルワークショップ(以下、EWS)」がスタート。
特任教授が、タイを代表する映画監督・アピチャッポン・ウィーラセタクンさんと世界的アーティストの塩田千春さん。


大友昇平が「グッチ」とのコラボレーション作品に込めた魂 直感に訴えかけるアート - TOKION

デザイン・ラウンジスペシャルインタビュー第5弾は、ラウンジが出きた年から毎月やってる勉強会「折詰め会」!
・・え?「これのどこがタマビネタなんだ。ムサビネタだろ」ですって?
ちゃんと読んでください。インタビューされてる4人中3人がタマビ卒なんです(笑)


ここからいろんな美大ネタを一気に。
桜美林大学|東京ひなたやまキャンパス2期工事起工式 演劇・音楽スタジオ棟(仮称)着工

桜美林大学の東京ひなたやまキャンパスは芸術文化学群のキャンパスで、2020年に第1期工事終わり
これから演劇・音楽スタジオ棟などの2期工事が始まって、2022年1月竣工、同年4月グランドオープンとなります。


桜美林大といえば、
アートのつながりONLINE[Withコロナで考えてみた新たな世界を描こう、創ろう!]

●開催日:2020年10月8日(木)18:00~19:30
●参加対象:中高生(高校3年生優先)
●開催場所:ZOOM
●受講料:無料
●募集人数:先着20名(高校3年生優先)
●講師:桜美林大学 芸術文化学群 ビジュアル・アーツ専修教員
●応募締切日:2020年9月20日(日)
●主催:桜美林大学


よーく見ないとわからないんですが、「ディスカバ」は桜美林大学が運営する高校1年・2年生向けのキャリア支援プロジェクトなんです。
 

嵯峨美の佐々木学長が、手に持って口元を覆うマスク「テーブル・マスク」を試作。


女性限定で教員を公募。京都市立芸術大学の試みに注目
京都市立芸術大学は、男女の教員比率適正化を目指して3つの専攻で女性限定での教員募集。


(語る 人生の贈りもの)松永真:1 作品が日常の中に、一番うれしい:朝日新聞デジタル

松永さんは東京藝大卒。シリーズの中で入試の話も出てきます。


学校法人同朋学園 新シンボルマークデザイン募集のお知らせ
学校法人同朋学園は名古屋造形大学を設置してる学校法人。
この募集の特徴は、デザイン経験の有無どころか、在学生・卒業生限定ではなく、誰でもOKなんです。そこがすごい。


デジタルハリウッド大学|2020落合陽一氏「メディアアート」成果発表展示会 【え、リモートじゃないの?展】

「あ。リモートじゃないんだ」という気持ち、すごくわかる。


これは何度か紹介してるけど、今日からスタートなので。
東京ミッドタウン・デザインハブ第87回企画展「ゼミ展2020 見のがし卒展」

●会 期:2020年9月8日 (火) -9月27日 (日) 11:00-19:00 *月曜休館/各期の最終日は17:00まで
●会場:東京ミッドタウン・デザインハブ
●主催・企画・運営:東京ミッドタウン・デザインハブ(構成機関/公益財団法人日本デザイン振興会、公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会、武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ)
●参加校と開催日程
●第1期:9月8日(火) – 9月13日(日)
・多摩美術大学 生産デザイン学科テキスタイルデザイン専攻及び大学院美術研究科デザイン専攻テキスタイルデザイン領域
・武蔵野美術大学 造形学部 基礎デザイン学科
●第2期:9月15日(火) – 9月20日(日)
・九州大学 芸術工学部 未来構想デザインコース
・東京造形大学 インダストリアルデザイン専攻領域
●第3期:9月22日(火) – 9月27日(日)
・東京大学 工学部 社会基盤学科 交通・都市・国土学研究室
・東北大学 都市・建築デザイン学講座/都市・建築計画学講座


大学によって会期が違うのでご注意を。オンラインギャラリートークもあります。


美大とは直接は関係ないけど、最後はこれかな。
VISUALIZE 60|日本デザインセンター

日本デザインセンターは創立60年。いろんな美大の先生や卒業生が関係してるはず。
「VISUALIZE 60」として、日本デザインセンタのVISUALIZEを60のプロジェクトを通してご紹介。
4つの展覧会を開催されるそう。これはチェックっすね。


以上、プレゼン資料を作るので土曜まで更新休みますの手羽がお送りいたしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中