【PLAY!MUSEUM】「tupera tuperaのかおてん.」内覧会に行ってきた

2020年6月10日(水)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

立川に、絵と言葉のミュージアム「PLAY! MUSEUM」が本日6月10日に開館します。

「PLAY! MUSEUM」は、建築を手塚貴晴さん+手塚由比さんの手塚建築研究所、プロデュースをブルーシープ代表の草刈大介さん、アートディレクションをムサビ彫刻後輩の菊地敦己さんが担当したミュージアム。
コロナの影響で当初予定より2ヶ月遅れの開館となりました。

で、そのそのこけら落とし企画展として開催される展覧会がこちら。
tupera tuperaのかおてん.

●会期:2020年6月10日(水)-12月29日(火)
●会場:PLAY! MUSEUM(東京都立川市緑町4−1立川・GREEN SPRINGS内)
●料金:一般 1,500円 / 大学生 1,000円 / 高校生 800円 / 中・小学生500円※未就学児無料
※「企画展」「常設展」の2つの展覧会をご覧になれます
※特典つき(「かおてん.」開催中はかおシール、おみやげ)



さまざまな絵本賞を受賞してるクリエイティブ・ユニットtupera tupera(ツペラ ツペラ)。
中川さんがタマビ卒、亀山さんがムサビ版画卒ってことで、以前から手羽は注目してたユニットなんですが、あるルートから内覧会に誘ってもらったんです。そりゃ行くしかないでしょ。
5時ピタで仕事をやめて(働き方改革)、立川へ向かった、と。

早速会場を見ていきましょう。

入り口すぐに『かおノート』『あかちゃん』『こわめっこしましょ』など人気絵本の原画が陳列されてます。


なんだろう。感想は「ちくしょう。ことごとく凝ってるやん」かな。
それもそのはず。
ビジュアル・グラフィック・空間デザインは、これまた手羽ブログではすっかりおなじみ、空デ卒の角田さん、工デ卒の長谷川くんのムサビOBOGユニット「minna」が担当してるんです。
あ。今回長谷川くんから内覧会に誘ってもらったんですよ。

なんで「ちくしょう」なのかというと、


  • キャプションと作品紹介も


  • ちゃんと顔になってるの。

角田さんの「手羽さん、いいでしょ?こういうの好きでしょ?」という顔が3Dで浮かんでしまって。なので「ちくちょう」なんです。
うん。大好き。


  • ここも顔が。


  • まつげがブックストッパーになってる。


ここから 2メートルの顔がずらりと並ぶ「かお10(テン)」


  • 白いシャツが長谷川くんです。


  • 映像作品「かおつくリズム」。CEKAIの窪田さんが作ってて、彼もムサビOB。

立体的な顔のインスタレーション「かおカオス」は、ムサビ版画の学生さんが協力しています。

大きな顔の「床田愉男(ゆかだゆかお)」


  • 床に大きな顔があって、


  • いろんなパーツを組み合わせて


  • 組み合わせて


  • 顔を作って


  • 自分もパーツになって写真を撮ろう!!

天井には巨大鏡もあるから真上から撮影しやすいよ!・・という企画だったんだけど、ソーシャルディスタンスでできなかった(涙)
みんなコロナのせい(涙)

ただ、ここで気を付けないといけないのは、

「床田愉男の歌」が延々と流れてるから、頭の中をループしちゃうこと。
車の中で知らないうちに歌ってた自分。

かおてん.を作った人たちのかお。

おお。ムサビ生も載せてくれてる!

見事に

たくさんの顔で遊べる展覧会で、コロナが収束すればもっと楽しめる展覧会になるはず。
どこからどこまでツペラの作品でミンナのディレクションなのかわからないくらい、ツペラさんとミンナさんの相性もすごくいいし。


で、常設展で開催されるのが
エリック・カール 遊ぶための本

●会期:2020年6月10日(水)-2021年3月28日(日)
・前期:2020年6月10日(水)-2020年11月1日(日)
・後期:2020年11月2日(月)-2021年3月28日(日) 
*絵本原画は作品保全の観点から前期・後期で展示替え


マサチューセッツ州にあるエリック・カール絵本美術館との共同企画展です。

・・え?絵本の魔術師と言われてるエリック・カールを知らない?


  • でも、「はらぺこあおむし」は知ってますよね?

『はらぺこあおむし』『パパ、おつきさまとって!』『くまさんくまさんなにみてるの?』などの絵本原画や、エリック・カールが制作時に着用していたスモック、使用した筆や絵具などの画材が展示されてます。


  • ミュージアムショップも充実。絵本も買えるよ!


ところで、吉祥寺にPLAY! MUSEUMのサテライトスペース「PLAY! KICHIJOJI」ができたのはご存知ですか?

今週月曜は眼鏡を修理しに吉祥寺へ行ったので、寄ってきました。

コロナの関係で休止中だったけど(涙)
みんなコロナのせい(涙)

あ、吉祥寺といえば、

東急裏にある葡萄屋さんが7月12日に閉店しちゃうそうです。葡萄屋さんなんて永久的にあの場所にあるお店だと思ってたからほんと残念。
リンクロウの誕生日の時に毎年使わせてもらってるんだけど、あの場所にあの建物があるのが吉祥寺らしさのような気がしてて、建物だけでもそのまま残してくれないかな・・。


さて、tupera tuperaとminnaの共通点ってなんでしょう。
美大OBOGユニット?
うん。それもあるけど、

いつもの手羽なら、「ムサビのオーキャンに早めに来て、帰りに立川へ寄って、PLAY! MUSEUMでムサビOBOGの活躍を見よう!!そして立川伊勢屋にも行こう!」と宣伝しまくったはずなんだけど、ムサビオーキャンもコロナの影響でWEBオーキャンになっちゃった(涙)
みんなコロナのせい(涙)


・・・え?そのPLAY! MUSEUMがどこにできたのかよくわからないって?


以上、それは明日書くから、

寝て待ってニャン、の手羽がお送りいたしました。

手羽が一番嫌ってた、語尾に「ニャン」をつける人間にまさか自分がなるとは。
みんなコロナのせい(涙)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中