【想像を超えてた】バーチャルムサビ展に行ってきた #clusterVR #バーチャルムサビ展

2020年4月22日(水)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題のあの展覧会に行ってきました。
・・といっても、外出自粛制限がかかってるので行ったのはこちらです。

バーチャルムサビ展

●会期:2020年4月20日(月)-30日(木)
●時間:24時間
●会場:バーチャルSNS「cluster」内特設会場

https://twitter.com/v_musabi_exh/
長年ブログで展覧会の紹介してきたけど、「時間:24時間」と書いたのは初めて(笑)

基礎デザイン学科4年の前林さんが、様々な展示機会や交流機会が失われる中、「新入生や在学生を含めた様々な方々の集える場を共に作りたい」と企画したムサビ生100人以上が出展するバーチャル展覧会です。
そんな前向きな行動をしてるムサビ生を手羽が応援しないわけにはいかないっしょ!

PCやスマホで入れるバーチャルSNS「cluster」の中に開設されているので、参加するにはまずアプリをダウンロードしましょ。
https://cluster.mu/downloads

そしてもろもろ設定して入室すると、

ワールドに到着します。
ちゃんと正門がある(笑)

あとは矢印キーやマウスを使って操作するだけ。

手羽はキーボートとマウスというアナログ(?)な方法しかないけど、VRデバイスがあれば、もっと楽しめるはず。

てなわけで、会場の様子を動画撮影してみました。

操作になれてないのはご愛敬ってことで。あ、シフトキーでジャンプできることを発見。

でも驚いたのは、

もっとJPEGなベタっとした画像をイメージしてたけど、意外と油絵や日本画の質感が表現できてますね。これにはびっくり。

そうだ。
デフォルトだとアバター越しに見ることになって、「もっと作品に寄ってみたいなー」と思った時にアバターが邪魔に感じるんです。
そんな時は設定で「3人称モード」をオフにすれば大丈夫。やり方はこんな感じ↓


  • そうすると、文章を読ませる作品も


  • 近寄って読むことができます。

最初このやり方がわかんなくて(笑)、「キャプションが読みにくいなー」と思ってたけど、

違和感なくキャプションも読めるようになります。ご参考に。

手羽的には

このサインがツボでした。バーチャル上じゃ無駄といえば無駄だけど、これがなくちゃね(笑)

なんと開設2日で1000人の来場者があったそう。
こちらでも紹介されてました。
現役ムサビ生が「バーチャルムサビ展」開催 VR上の美術鑑賞をレポ - KAI-YOU
バーチャルなら3密も関係ない!

会期中は20:00~22:00を「ピークタイム」として、大規模な交流ができるから、そのタイミングに狙っていくといろんな人に出会えるはず。
手羽はその時間お眠ちゃんだけど。あ、AM3時過ぎに行くともしかしたら手羽に会えるかもしれません。

また、4月25日にはムサビ非常勤講師をされてるデザイナー・有馬トモユキさんによるバーチャル講評会が企画されています。

ファインアート系の講評者も現在調整中とのことで、時間ができたら・・1日zoom会議やって疲れた時は、ぼんやりバーチャルムサビ展をのぞいてみてはいかがでしょ。
卒業生も他美大の人もウェルカム!

しかし、大学はオンライン授業の準備でてんやわんやだけど、こういうのを作ってしまう学生さんってすごいなあ・・・。


以上、日に日に大きくなっていく知事のマスクを見てあかりちゃんが「アベさんにも分けてあげてほしい。小さいマスクしかないみたいだし」と言ってた手羽がお送りいたしました。
心優しい子に育ちました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中