【大学38校が閉校?】クリエイティブなイノベーションをクリップする!、略して「クリクリ!」#11【韓国の話ですが】

2019年7月25日(木)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ムサビが提言した謎な「クリエイティブイノベーション学」「クリエイティブリーダーシップ学」という新たな学問分野。
クリエイティブなイノベーションにはどういうものがあるのかクリップする、略して「クリクリ!」シリーズ。
「この周辺を勉強しなくちゃいけないんだろうなあ・・」と手羽が思ったり、下記のようなキーワードに直接・間接的に関係しそうだと感じた記事や本、イベントなどを紹介しています。
==========
「創造的思考力」「クリエイティブ思考」「クリエイティブビジネス」「クリエイティブテクノロジー」「クリエイティブヒューマンバリュー」「サービスデザイン」「ブランディング」「デザイン経営」「ビジョンデザイン」「ソーシャルデザイン」「Iot、AI」「UXデザイン」「高度デザイン」「起業・スタートアップのプレイヤー」「クリエイティブマネジメント」「先端メディア表現マネジメント」「事業開発プロジェクトリーダー」「地域プロジェクトプロデューサー」「Society 5.0」「共創」「ダイバーシティ」「コワーキングスペース」「プロトタイピング」「オープンイノベーション」
===========
「手羽が思った」なので全然違ったらすいません・・・でも、「これはクリエイティブイノベーション的」「違う」なたたき台の存在にもなれば。
1か月やってないとすごくたまってしまうのがクリクリでして、今回は2つに分けます。
今日は公共系・大学関連ネタだけをまとめました。それでもこれだけあります・・。


 
東京新聞:募集、芸術の素養や企画力ある人材 市川市職員採用試験 「クリエイティブ枠」新設:千葉
市川市が職員採用試験で「クリエイティブ枠」を新設することを発表しました。
デザイナーや学芸員枠ではないのがポイントで、まさに「創造的思考力」をもった人材を集める取り組みです。神戸市についで2番目の取り組み。


 

ただ、市役所の人がほんとうに欲しいのは

すぐに使える! 公務員のデザイン大全 佐久間 智之
あらゆる住民向け資料・文書づくりに悩むすべての公務員に向けた「見てすぐ作れる」デザイン実例見本&作成ポイント集。
連携協定を結んだ市にどんなに「美大は絵を描き方を学ぶ大学じゃないんです!」と説明しても、一番多い要望はこの手のものだったりするわけで・・・。

立教大学大学院 経営学研究科が再編され、経営学を基盤にしつつ「人材開発・組織開発・リーダーシップ開発」を目的とした日本初の新コース「リーダーシップ開発コース」が誕生します。「日本型雇用が転換期のいま、組織を牽引できるプロフェッショナルを育成」というテーマがあるそう。
ムサビも「イノベーションを成功させるにはリーダーが必要」というところから大学院クリエイティブリーダーシップコースを作ったので注目ですね。
27日(土)に説明会があるので興味のある方はぜひ。


「やられた!!(涙)」と思ったのが、
国立大学法人東京学芸大学とMistletoe株式会社との包括的事業連携協定書の締結について

こういうことをドーンと美大初で打ち出したかった・・。


「連携」「お金」ものをまとめると、
寄付のお礼は研究参加 「大学版ふるさと納税」広がる: 日本経済新聞


将来にわたって学び続ける力の育成などを目的に、京都府教委が「未来の担い手育成プログラム」事業をスタートさせました。


「紹介しなくちゃ」と思いながら過ぎてしまったのが、

国内外の大学・研究機関やグローバル企業を集積して、大規模な組織間連携を推進する国際ビジネス・産学官連携拠点を形成し、新産業を創出する世界トップレベルの研究イノベーション国際拠点を目指すそう。
スケジュールが「25年夏に付属高校が移転完了した後、事業者と定期借地契約を結び、既存施設の解体や複合施設の建設に着手して、29年ごろに複合施設を供用開始する見通し」で事業期間終了はなんと2100年夏を予定とのこと。すごい・・。
今度東工大の先生に詳しく聞いてみよう。


これも紹介を忘れてしまったもの。
SERVICE DESIGN EXHIBITION

金沢美大さんのサービスデザインの展示。すいません、会期が終わってしまいました・・・。


東大がらみを3つ。
東大が「芸術」を求める理由。「東京大学芸術創造連携研究機構」はなぜ誕生したのか?|美術手帖

元ネタは同じなんですが、「東大がアート」だけで記事になるのが羨ましくて・・。


そして今週末東大で開催されるのが、
Adobe Education Forum 2019「創造的問題解決能力を育むSTEAM教育」

募集は終了しています。


STEAMってことだと、
Librarians, Not Teachers, Are Bringing STEAM to Schools at Increasing Rates

日本語のタイトルは「アメリカでは学校の図書館からSTEAM教育が広がっている?!【(先生ではなく)図書館員がSTEAMを学校に導入】」です。



経産省の大学と関係する動きをまとめて。
経済産業省|「大学ファクトブック2019」及び「「組織」対「組織」の本格的産学連携 構築プロセス実例集」を取りまとめました
あとで読む。


経済産業省|知財戦略デザイナー派遣事業の派遣先大学を公募します!

このあたりの動きはよーくチェックしとかないといけませんね。


国ってことだとこの動きも。
浜通りに国際教育拠点 イノベ構想で復興庁 有識者会議29日に設置 福島民報



最後はこちら。

カレッジマネジメント【217】Jul.-Aug.2019「大学改革と新時代のガバナンス」
おそらく大学人が一番チェックしてる雑誌。
大学こそリーダーシップとイノベーションが必要で、なんせお隣韓国では、
韓国の大学が経営難に直面中  倒産手続きのための法案審議は難航(選択出版)
韓国教育省は二年後には大学定員が高校卒業生より六万人上回り、新入生不足で大学三十八校が閉校するという予測も発表した。
という状態ですから・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中