【 #美大受験 2019 】手羽オススメの美大・美術予備校漫画はこれだ!

2019年1月30日(水)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明後日から関東美大の一般入試も始まるんで、恒例の「美大受験生の疑問にお答えします」シリーズをスタートしましょ。
タイトルはストレートに「#美大受験」としました(笑)

「#美大受験」ではムサビ、または関東美大の一般受験入試(AOや推薦入試じゃない)を具体例で使うことになりますが、基本的にはどの美大受験にも参考になるはずです。美大受験生の親御さんや地方の美術予備校さんにもよく読まれてることがわかったので、そのあたりも考慮しながら。
あ、ベースとなる情報は去年とほとんど同じですが、情報は2019年度版に更新してます。入試の仕組みって変わらないようで結構変わるんですよ。


#美大受験2019一発目は軽めのコンテンツから入りますかね。
今日は美大・美術予備校が舞台のマンガについて書かせてもらいます。

少しネタバレ含むので、楽しみにしたい人は手羽のコメントは読まない方がいいかも。

 

「美大生が主人公のマンガ」は昔からボチボチあります。
ムサビの風景がそのまま出てくる「ハチミツとクローバー」は有名ですが、東京造形大が舞台の「美大デビュー」に、タマビがモデルの「おひっこし」、明星大学がモデルの「ロジック」、京都芸術短期大(現在の京都造形)が舞台の「京都ゲイタン物語」、京都精華大がモデルの「うどんの女」 等々があるし、吉田基已さん「夏の前日」(モデルは藝大かな?)だったり、ニコ・ニコルソンさん「でんぐばんぐ」 は専門学校マンガだけど最初に「山形芸術工科大学」(「東北」ではない)を受験するシーンがあります。

手羽のオススメ美大漫画だと、大阪芸大が舞台の「アオイホノオ」と東北生活文化大学がモデルの「モディリアーニにお願い」と金沢美術工芸大がモデルの「かくかくしかじか」。
特に「かくかくしかじか」は泣けるので超オススメ。

この10年ぐらいで美大受験(美大受験生を主人公とした)漫画もかなり増えましたね。
ムサビOG・小泉真理さんの「ジンクホワイト」こそ2001年発売ですが、タマビOB・山田玲司 さんの「美大受験戦記 アリエネ」 、やはりタマビOG・冬目景さん「ももんち」、さとさんの「美大道!」、中村 哲也さん「ぽすから」などなど。
左手のエレン」も最初の方は美術予備校話だし、西原理恵子さん「できるかな クアトロ」に収録されてる「パチクロ」(ハチクロではない)は立川美術学院時代の話が描かれてます。

湘南美術学院さんが舞台の漫画がなぜか多くて、芥文絵さん「セキララにキス」、 松橋犬輔さん「君とガッタメラータ! 」、冬川智子さん「マスタード・チョコレート 」などがそう。

手羽がいろんな人に薦めてるのは、

「みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞2018 ネクストブレイク部門」大賞を受賞した、東京藝大卒・山口つばささんの「ブルーピリオド」です。
こちらは新宿美術学院さんが協力されてます。

先輩がムサビ油絵に推薦入試であっさり受かるシーンがあったりと今どきな美大受験話を網羅してるし、デッサンとか講評のウンチクネタもしっかり描かれててるので、受験生に一番薦めたい漫画。

あ、最新刊の3巻ではムサビもでてきますよ(笑)
 
 

 
で、手羽のこの数年の年末年始は家でゴロゴロしながら美大漫画を読み漁るのが恒例となってるんだけど、今年発見したのがこちらの漫画たちです。

星明かりグラフィクス
タイミングあったらいつか紹介したいと思ってたんだけど、年末に最終巻が出たのでこのタイミングに。

「埼玉県のとある芸術大学」が舞台になってて、背景は日芸所沢キャンパス。手羽は所沢キャンパスに行ったことがなくて・・閉鎖される前に行きたかったなあ・・。
ちなみに作者の山本 和音さんが日芸出身とのこと。
あ、表紙に秘密があるのでめくってみてね。
 

モナリザマニア
贋作作りがテーマになってて、「ギャラリーフェイクをジャンプSQで連載しようとするとこうなるんだな」というのが最初の印象。

美大漫画でも美大受験漫画でもないけど、「藝大に4回落ちるシーン」から始まります。
作者のヨシカゲさんは御茶美出身。

カラーレスガール
2017年にpixivでその存在は知ってて、単行本が7月に発売されたからポチっと購入。

大学名は出てきませんが、背景や学科名があきらかにムサビ(笑)
作者の白野ほなみさんはムサビ卒なのかな?
 

#アルファベット乳の、オモテとウラ。
山科 ティナさん・・・はもう説明する必要ないでしょ。タマビから藝大に進学された方。
おもっきしタマビが舞台の漫画で、「チョーヒカル」「ハヤカワ五味」とか最近の人の実名がバンバンでてきます。

山科 ティナさんの美大漫画だと
それでも俺は美大生なんかじゃない。
もありますね。

 

 
最後に紹介するのは、美大漫画では全くないけど心にひっかかった漫画を。

美大とかに行けたら、もっといい人生だったのかな。
宣伝アカウントではこう紹介されています。
「売り込みとかガツガツするのダサい」「才能があれば誰かが見つけてくれる」。一歩踏み出すこともせずに、イラストレーターになる夢が叶わないことを、運や世界、他人のせいにして妬んだり憎んだりしているアートクズにこそ読んでほしい」

前半はデザイン業界の裏事情やB子とのバトル話で「業界あるあるネタ漫画なんだろうなー」と読み進めると、後半は精神世界の話やむかついた時の思考サイクル実践法になるんです。
こういう展開を全く想像してなくて、読み終えて「やられた」と感じました(笑)


受験生は今は漫画なんか読んでる時間はないと思うけど、関東美大一般入試は複数併願するとかなりの長期戦になります(詳しくは明日)。
息抜きも絶対に必要なんで、時間がある時にでも。


以上、職場の2階ではインフルが大量発生してるのに3階では年末に一人かかっただけでそれっきりだから、「3階の人は微妙な距離感で仕事をしてる」という噂を広げようと思ってる手羽がお送りいたしました。
あ、ポジティブに考えるなら「危機管理がしっっかりしてる」か。こんなこと書いてると自分がかかったりするから気を付けないと・・。
みんな手洗いとうがいを!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中