関西と関東の美大の違い

「こちょばい」が方言だと最近知った福岡出身の手羽です。東京では「くすぐったい」って言うんですね・・。東京生活の方が長くなった手羽なので、さすがに「○○ばい!」とかは言わないけど、「それ、片付けといて!」と言いたい時に、とっさだと「それ、なおしといて!」と言ってしまうんです。いまだに福岡の血が流れてるな、と感じる瞬間。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日曜に「PARTNER 第1回ライター総会」が国分寺の(株)モーフィングでありまして。
・・・簡単にいえばオフ会です(笑)

当日参加されてた学生さんは南は熊本の崇城大学、北は東北芸工まで。名古屋造形、京都造形、京都精華、早稲田とかいろんな学生さんが来てました。あ、最南はチリから来た人もいたか(笑)
美大日記は、北は北海道の東海大学芸術工学部だったけど、西は京都が限界でしたから。ま、最西はイギリスのDe Montfort Universityだったりもするけど。

オフ会といっても顔合わせ兼ミーティングみたいなもので、編集長からこの2ケ月の振り返り、PARTNER_WEBの方向性などが語られ、学生ライターさんの質問に大人組がトークセッションで答える的なシーンもありました。

そこでやはり、「どんな内容を書けばいいのか?」という話が。

編集長がいるので本当の書くべき内容は編集長責任だと思うけど、10年間学生ブログを運営してきた手羽の経験則からちょっとだけ。


「違い発見」は素直に面白い。
私はこれに尽きると思ってます。
「へー、あの人はこんなこと考えてたんだー」とか「うそ。そんなことやってるの?」いう情報は面白いんですよ。
なので、PARTNER_WEBのメリットを生かすなら、「美大・地方による文化の違い」を書いてもらうのもいいかもしれません。
当たり前だと思ってたことが、大学によって、地域によって当たり前じゃなかったりするんです。


関東では「マック」だけど関西では「マクド」と言うように、関東と関西の美大で違う点があります。


真っ先に思いつくのは・・・これは美大に限ったことではないけど・・・関東だと「●年生」っていうけど、関西だと「●回生」って言うんですよ。
これは東大が●年生、京大が●回生を使ったから、関東では●年生、関西では●回生というようになった・・・という説が有力。
このことは昔から知ってたんだけど、今回のライター総会で名古屋造形の学生さんが「●回生」を使ってて、「あ。名古屋は関西文化圏なんだな」と新たな発見がありました。
これ、どこから「●年生」になるのか、調べてみたいなあ。静岡あたりなのかしら。


美大または美大予備校特有のシステムで「講評会」ってのがあります。
これも関東では「講評会」だけど、関西では「合評会」って言うんですね。
でも手羽が通ってた福岡の画塾では「講評会」って言ってたから、どこかで変化する土地があるはず。

ちなみに金沢美術工芸大学さんに行った時、学生さんが「合評会」を使ってて、「金沢は『合評会』系なのね」と聞くと、「どちらかというと、合評会は授業でやる会、講評会は授業外、課外で学科関係なく先生有志が集まってやる会」と言われました(逆だったかな?)
「合評会と講評会は別物」なんだそうです。面白いでしょ?
しかも金沢美工さんにはそういう文化があるってところも発見。
最近、「●●という言葉は東京だと○○、福岡だと△△」ってのを表した日本地図がよく出回ってるけど、「講評会・合評会MAP」をいつかPARTNERの力で作りたいな、と。


手羽的な発見だと、「京都の美大は建物に名前を付ける」ってのがあります。
意味が分からない方、例えば京都精華さんと京都造形さん、京都嵯峨さんのキャンパスマップを見てください。
https://www.kyoto-seika.ac.jp/about/map/
http://www.kyoto-art.ac.jp/info/about/access/campusmap/
https://www.kyoto-saga.ac.jp/about/campus_map/
関東だと「12号館」「彫刻工房」とか、せいぜい人を記念した「大隈講堂」がほとんどだけど、京都は「人間館」とか「友愛館」とかそういう名称が建物についてることが多い。
聞いた話だと、「代々学長か理事長が命名する」というルールがあり、でも「管理上、頭文字とイニシャルは既存の建物名とかぶっちゃいけない」裏ルールもあるそう。
「うーん、残りはYだけか・・・Y、Y、Y・・・あ、友愛館ってどうよ!!You and Iでもあるしさ!どう、どう?良くね?」てな感じで決まってるんじゃないかと(勝手な推測)。
ただ、全部の京都美大ってわけでなく、京都市立芸大さんとか京都工芸繊維さんはこのルールから外れます。


「関西」といいつつ、例が京都ばかりなのは京都の美大しか知り合いがいないもんで・・すいません・・・。
あ、そうそう。京都の美大だと、あだ名というか「大学での通り名」をつけるのが習慣みたいです。
マイクとかハイジとかハサミとか、あだ名とはちょっと違う文化。
日本人がアメリカの大学や会社に入ると、「じゅんざぶろう」みたいな人があっちでは「ジョージ」と呼ばれるようなもので。


もひとつ京都の大学がよく使うフレーズが「」。
京都の大学が出してる情報で「●●展覧会 -アートの新しい風-」なキャッチフレーズをよく見かけるんです。関東の大学では「風」ってキーワードは全然使わないので面白いなーと。
京都は盆地だから、「風」には「普段はないもの」「待ち望んでたもの」「嬉しい」という意味合いがあるのかな、と推測したり。


今、こんな記事が話題を集めてますが、
クオリティー高っ(笑)野球の早慶戦・慶早戦の「煽り合いポスター」が話題に!
美大に置き換えるなら、

ムサビ「毎日山登りで大変ね。ぷぷ」
タマビ「平地だからデブになるのよ。ぷぷ」

京都精華「はいはい。また『困ったときの吉田編集長頼み』ね」
京都造形「はいはい。また『困ったときのシカ頼み』ね」


と、大学の違いをディスりあうのも面白いかと。



長くなりそうなので続く!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中