【就活解禁だけど】この春卒業生にはまだ「卒制採用」という選択肢があるのよ

2017年3月1日(水)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日3月1日から2018年春卒業予定者、つまり現大学3年生を対象とした就活が解禁になります。
いくつかのプロジェクトを3年生と一緒にやってるんだけど、やはり(本格)解禁に向けて「博報堂の●●採用が」なんて会話をしてて、ソワソワしてる感じでした。

でもちょっと待って。
今年度はまだ終わっていないのよ。

この春卒業する4年生で、まだ就職が決まってない人はいるんじゃないかしら。
いろんな大学では、今年度卒業生を対象とした会社説明会を今も学内でやってるはず。
「キャリア教育」とは「就職教育」ではなく「人生教育」なので、個人的には就職が全てとは思っていません。美大の場合は作家になりたくて入学した人もいるから、そういう人に無理やり「どこでもいいから就職しろ!」というつもりは全くなく。
ムサビの「就職」に関する考え方は、2013年のこの記事から基本的に変わっていないんじゃないかしら。
武蔵野美術大学は「就職率50%」だが「就職に強い大学」である --- 山内 太地 - アゴラ

とはいっても、世の中的には「就職率が高い大学=いい大学」なわけで、きれいごとばかり言ってる場合じゃない現状もあり。
わざわざ関東美大の就職率と比較して「うちは就職率高いです!」と広報してる関西の美大さんもあります。「でも、そちらは就職率も高いけど中退率も高いですよね?」と皮肉のひとつもいいたくなりますが、大人なのでしません(してる)


「就職を考えてたけど、卒制に専念しぎて就職先が決まっていないんです(涙)」なブルゾンちえみみたいな悔し涙を流してる方がいるんじゃない?

それはダメウーマン。

まだあきらめるのは早い!!
こんな採用があるんです!!

卒制 / 卒論採用 - チームラボ新卒採用

チームラボを知らない人は・・いるのかな。芸術を主体とした先鋭的なモノ作りを得意するウルトラテクノロジスト集団で、お台場「踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」や、大河ドラマ「花燃ゆ」のオープニング、「ミラノ万博2015日本館」などの制作をされています。
デザイン・ラウンジのイベントでもお世話になってまして、そのチームラボさんが「卒業制作や卒業論文に夢中になって、就職活動を思うようにできなかった方」を対象とした採用をやってます。

また、卒制採用といえばやっぱりこちらが有名。
卒業制作だけで応募できる「卒制採用」を今年もやります! | 面白法人カヤック
「作るひとを増やす」を経営理念とする面白法人カヤックさんは、卒業制作をエントリーシートの代わりにして応募できる「卒制採用」を2011年から実施しています。


ほんと、チームラボさんもカヤックさんもわかってるなー、と。
卒業制作を一生懸命やってたら就職活動をしてる時間がかなり取りにくくなります。もちろん両方をうまくやってる学生さんもいっぱいいますが、2,3年生までの課題で評価されるよりも4年間の集大成である卒業制作で評価してほしい・・というのは美大生の正直な気持ち。
卒業制作は、与えられた課題や産学でのグループワークとかじゃなく、完全に個人的な作品や研究なので、会社の中に美大出身者がいれば「卒制を見ればその人が何を大事にしてるかすぐにわかりますよ」とアドバイスしてるはずです。
また、「就職よりも卒制にかけた覚悟」は並大抵のものじゃなく、クリエイティブ系企業が欲しい人材は、みんなが自己PRに同じように書いてる「サークル副部長をやりました」「コンビニのバイトシフト管理やってました」「ボランティア活動をしてきました」な人よりも、そういうスキルや覚悟を持ったタイプなはずだと思うのです。


んで、今年のカヤックさんはクリエイターと企業をつなぐ株式会社ビビビットさんとの共催で、複数企業合同の卒制採用を実施しています。

卒制採用・特設サイト

ちなみにビビビットさんがやってる「はたらくビビビット」は非常に参考になるんですが、
「就活が面倒な人ほど使ってほしい!」2017年卒内定者が語る。ViViViTユーザー座談会
これなんかは就活を始める人はぜひ読んでみて。


で、企業名の中に上述のカヤックさん、チームラボさんはもちろんのこととして、DeNAさんやサイバーエージェントさん等の名前もありますね。


今のところ20社がエントリー。
「この時期に募集してくれてありがとうございます!」以上に、「卒業制作の本当の価値」に気づいてくれた企業さんということだから美大としては本当にありがたい存在です(涙)

学業を専念してもらうために就活の時期が遅くなったりしてますが、全てのクリエイティブ系企業が卒制・卒論採用になれば、もっといい人材を企業に提供できるし、学生さんも学業に専念できるし、まさにWin-Winなんですけどね。
・・採用する側からするとギリギリすぎて怖いけども。


以上、就職できても、海外旅行から帰ってきて時差ボケで会社に寝坊・・・なんて社会人としてあるまじきことしちゃダメだからね!の手羽がお送りいたしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中