Discover the one~心惹かれた一冊~ゲスト紹介!”株式会社竹尾”の皆様。

Discover the one~心惹かれた一冊~のゲストに、「株式会社竹尾」の五代目取締役社長、竹尾稠様を始めとする社員のチームの皆様に決定致しました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Discover the one~心惹かれた一冊~のゲストに、
「株式会社竹尾」の五代目取締役社長、
竹尾稠様を始めとする社員のチームの皆様に決定致しました!

▼竹尾稠

株式会社竹尾代表取締役社長。創業116年、紙の専門商社の5代目。「紙とデザインとテクノロジー」をキーワードに国内外の製紙会社、クリエイターと連携して商品を開発し、紙の価値を追及。1965年以来開催している業界最大規模の紙の展示会、竹尾ペーパーショウではクリエイターとともに新しい紙の可能性に挑む試みを続け、毎回多くの話題を集めている。多様な色、質感、風合いを持つ紙「ファインペーパー」に触れられる場として、見本帖本店(神田錦町)、青山見本帖に続き、2015年6月、銀座・伊東屋7階に竹尾見本帖at Itoyaをオープンした。

また、事業領域の拡大にも挑戦を続け、物流システムやオフィス環境設備の設計・販売で新たな市場を開拓している。


今年度のSFFも昨年度に引き続き、
SFF2015当日のブース出展に
エントリーして頂いた
学生フリーペーパーを対象として、
「Discover the one ~心惹かれた一冊~」
と題した企画を行います!



この企画では
【組み立てる・魅せる・惹きつける・届ける】
という4つのカテゴリーに分かれた
様々な方面のクリエイターの方々に、
エントリーされた学生フリーペーパーの中から
心惹かれた一冊を決めていただけるのです!


実際に、その媒体をプロフェッショナルの方が
”心惹かれた”理由や、そのコメントなどを
SFF2015のウェブ上、
そしてSFF2015当日の会場においても
公開する予定となっています!



SFF2015では、
竹尾稠様を、”届ける”というカテゴリーの
プロのゲストとしてお招きしました。


竹尾様といえば紙を専門に扱い
紙の可能性を最大限に引き出し、変幻自在に変化させ
116年もの間、人々を魅了し続けた
株式会社竹尾の五代目社長でいらっしゃいます。


紙と聞いて皆様
文字を書くためのまっさらな紙を想像したり、
あるいは学生の頃から馴染みの深い方眼用紙を
思い浮かべる方が多いかと思います。
実際僕もそうでした。



しかし、
実際に竹尾様の扱う様々な紙を見たとき、
紙ってこんなにもたくさんの種類があって
素材や色味によってこんなにも表情が違ってくるのかと
良い意味で、紙に対する常識を打ち壊されました。


そんな紙の可能性を最大限に
広げている”株式会社竹尾”は
「紙」に対する鋭敏な感性を
「デザイン」と「テクノロジー」を通じて
商品開発へと生かし、販売をしています。

環境と文化に貢献し、常に時代に挑戦を続けているのです。


”株式会社竹尾”では、紙に色や風合い、
模様などを施した上質で洗練された紙を
『ファインペーパー』と呼び、
竹尾様自身、この『ファインペーパー』を
『気持ちを伝える紙』
『情感を伝えるメディア』と
おっしゃられています。

ここにも竹尾様の紙に対する情熱や愛情が
垣間見得ます。


この『ファインペーパー』ならより一層
自分の伝えたい”思い”が相手に伝わる
そんな素晴らしい紙です。


なんとこのファインペーパーの
素晴らしさを体験することができる場所があります。

こちらの「竹尾 見本帖本店」は
紙に関する様々な情報を得られるスペースです。


株式会社竹尾のファインペーパー約300銘柄、7,000種を収録した
竹尾の「ミニサンプル」を閲覧できるほか、
紙とデザインにまつわる展示会が随時開催されています。


そして、1Fショップでは、約3,000種類の紙が
色のグラデーション別に並び、
直接手にとって選んで購入することもできます。




〒101-0054
東京都千代田区神田錦町3-18-3



皆さんも是非体感してみてください。
きっと紙の常識が変わります。。。!


また、1965年以来開催されている竹尾ペーパーショウでは、
素材である紙に様々な意匠が施され、
別の次元に昇華した姿で時間と空間が演出されます。

47回目の「SUBTLE」(サトル|かすかな、ほんのわずかの)は、
東京、大阪、そして台湾にて開催されました。


長い歴史の中で時代へのチャレンジを続け、
紙の素晴らしさを伝え続けていらっしゃるところに
竹尾様の紙に対する思いが詰まっているように感じました。


だから私は竹尾様の
紙に対する考え方などがとても好きで
たくさんの刺激を頂いています。



「紙」を通して人々に
気持ちを届けることに関して
凄まじいエネルギーをお持ちの”株式会社竹尾”の皆様。



そんな株式会社竹尾の社員チームの皆様だからこそ、
「紙」で気持ちを届けるという点に関して通づる
フリーペーパー制作者の熱量を強く感じ
共感してくださると思います。



そして、竹尾稠様を始めとする社員のチームの皆様には、
“届ける"というカテゴリーのゲストとして
「Discover the one ~心惹かれた一冊~」
に参加して頂きます。

皆さんぜひ会場で心惹かれた一冊をご覧ください!

では、次回のゲスト発表も
お見逃しのないようお待ちください!






▼チケットご購入はコチラから!

http://sff2015.peatix.com

▼ホームページはコチラから!
http://sff-web.com/sff2015/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GROUP WRITER

SFF2018 / SFF2018

SFF=Student Freepaper Forumとは、全国から集まった学生フリーペーパーを手に取り、その制作団体と直接交流することができる年に一度の祭典です。本やフリーペーパーが好きな方、学生の熱気に触れたい方、是非この機会に本の町・神保町で開催されるSFF2018にお越しくださいませ。