【潜入レポート】女子美オープンキャンパスに行ってきた

連休は家族サービスの手羽です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PARTNERではちゃんと書いてなかったですね。
手羽には、中2でサッカー部のリンクロウくんと小3のあかりちゃんという子どもがいます。

二人とも保育園の頃から家族サービスと称して美大のオープンキャンパスに引っ張り回す連れてってるので、そのへんの美大職員より、いや、日本で一番あちこちの美大に行ってる子どもです。
多分小学生で
「ムサビとタマビはもともと同じ大学だったけど、喧嘩して二つに分かれた」
「ムサビは日本で2番目にいい美大」
と知ってるのは日本でこの二人だけじゃないかと。
(ほんの少し過大表現を信じてるけど)

オープンキャンパスやイベントで毎回ワークショップに参加させてるので、「この大学のワークショップつまらない。うまくまとまってないし、学生さんの説明が不親切」と言うようになり、いつしか「ワークショップ荒らしファミリー」と美大関係者には恐れられるようになりました。

リンクロウにいたっては、某芸術学部のオーキャンに連れてったら「ここに展示してるデッサンの手、全部ゴム手袋みたい」と言いましたからね。
初心者の描いた手を「ゴム手袋みたいな手」と講評することがあるけど、そんな表現を知らないのに「ゴム手袋みたいな手」と例えるなんて、こいつ才能あるな、将来はタマグラかムサ視デに入学させよう、と思ったもんです。

でもリンクロウも大きくなり、中2病で有名な中2。
手羽「さ、明日はオープンキャンパスに行こう!」
リン「明日は友達と映画見に行くから行かない」
と言われ、しぶしぶあかりちゃんと二人で出かけることに。。。
こうやって子供の成長とともに父さんは一人ぼっちになっていくんだな・・。


ここまでが前置き。

というわけで、7月19日(日)にあかりちゃんと行ってきました。

女子美術大学 相模原キャンパス!!

普段なら高速使えば家から1時間ぐらいで行けるんだけど、高速が30kmの渋滞で。
途中で一般道に降り、2時間弱かけて到着。遠かった・・・。
「夏休み最初の3連休にオープンキャンパス」って車組からすると道が混むから嫌なタイミングなんです。
皆さんは公共交通機関をご利用ください・・・。


女子美の杉並キャンパスは自宅から20分の場所にあるんで、ちょこちょこオーキャンには行ってるんだけど、相模原のオーキャンに行くのは初めて。
というか相模原キャンパスに行くのも何年ぶりだろ?5年前ぐらいに卒展へ「行ったっきりかな。

道路に接する敷地にコンビニができてました。
2012年にオープンした「ヤマザキスペシャルパートナーショップ(YSPS)女子美術大学店」で、イートインスペースには作品展示できるギャラリーもあるそう。
ちなみにYSPSのロゴは、女子美OGがデザインしてます(女子美マメ知識)

中央の広場には女子美ニケの会が出展してました。
ニケの会とは、教職員と在学生保護者で構成された組織です。


ほとんどのイベントが午後からだったので、アトリエ・工房系を中心に見学。
(デザイン演習室はどこも同じようなもんなんで)


  • 石膏像作ったことがある人は、何やってるところかすぐにわかりますよね?(笑)


  •  

女子美設立者・佐藤志津さんと女子美を発展させた横井玉子さんの銅像。
2010年の110周年記念事業で設置されたそうなので、以前来た時はなかったからやっぱり6年ぐらい相模原キャンパスには行ってなかったんだな。

世界に「女子のための美術大学」は二つしかなく、ひとつはアメリカのムーア美術大学
で、もうひとつが女子美術大学なのです。
また、それまで男性しか学べなかった「美術」を、女子も学べるようにしたのが女子美術大学なんですね。
今でこそ美大は女子が多い大学ですが、このお二人がいなければ今の日本の女性作家やデザイナーの地位はなかったわけで。

あかりちゃんが大好きな「ぐでたま」も女子美OGがデザインしたのか・・・。
どうりでキャンパス内にぐでたまの風船がいっぱいあがってて、今年はぐでたま押しなわけだ。

あ。よーく、この写真見てください。
ぐでたまは「作者」で、キティちゃんは「デザイナー」と微妙に表現が違うのわかります?
キティちゃんの作者はムサビOGで、3代目お姉さんが女子美OGなんです。
日本語ってよくできてるな、というかこれに気が付く手羽がいやらしいのだけど。

おっ。フットサル同好会のチラシ!!

2014年に結成されたチームで、ムサビの女子フットサルチーム「むさなで」と最近試合をやってたりします。
こっそりその間に手羽が入ってたりします。
がんばれー!!

午前中に子供でもできそうなものがシルクスクリーン体験だったのでやらせてもらうことに。

実はあかりちゃんの「エコバックにシルク」体験はタマビやら日芸やら東京造形やらあちこちでやってるから、これで5度目ぐらいだったりします(笑)
大学によって微妙にヘラの動かし方が違うから面白いもんで。
正直、ホスピタリティはちょっと低めだったかな・・・。


  • 刷師さんから寄贈された浮世絵の版だって


  • ここは大学院の部屋だったかな?


  • 日本画の岩絵の具を作る授業

こちらは創立100周年に設立された女子美術大学美術館、通称JAM。


女子美さんは今日20日(月)もオープンキャンパスをやってます。
相模原キャンパスでは、レディー・ガガの「ヒールのない靴」を作ったデザイナー舘鼻則孝さんの講演会もありますんで興味のある方は。



あかり「お昼はどうするの?」
手羽「お昼のデザートにタピオカとかどう?」
あかり「タピオカ!好き!!」


と車で移動することに。



続くっ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中