【千人が鳴らす太鼓の音圧!】成田太鼓祭に行ってきた

2019年4月15日(月)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美大とは関係ないネタなので飛ばしてもらって結構です。
あ、1箇所だけ美大ネタが入ってます(笑)


4月13日(土)、

手羽家は成田にいました。
海外旅行に2回しか行ったことないし、次は絶対に羽田空港から行こうと思ってる手羽にとって、成田は縁が全くない場所。その成田に何しに来たかというと、

第31回成田太鼓祭なのです。

リンクロウが部長をつとめる高校和太鼓部が土日出演するっていうんで、家族でやってきたと。
あかりちゃんは土曜授業があったから、奥さんだけ朝から成田に入り、手羽とあかりちゃんは夕方に合流。

参道は太鼓祭一色。

成田は空港以外だとウナギが有名。
こちらは有名店で整理券発行機があり、なおかつ行列が出来てた。

ゆるキャラの「うなりくん」。
ウナギとナリタのキャラ。よく見るとしっぽもはえてます。
そうなるともちろん、

夕飯はウナギ。ふわふわで美味しかった。おなかいっぱい。

土曜の夜はふけ、14日(日)となります。

メイン会場は成田山新勝寺

大晦日や節分とかで必ず中継されるところですね。
ここで朝10時から行われるのが、

千願華太鼓
成田太鼓祭のメインイベントであり、関東を中心とした太鼓団体約1000人が集まって同じ曲を演奏するっていうもの。「千人太鼓」と言われたりもします。(厳密には今回は890人だそうですが)

住職さんがお祈りをされて、

合同演奏の前に各団体のデモンストレーション。
各1分ぐらいパフォーマンスをします。

「太鼓といってもいろいろあるんだなあ」と思ってたら、


  • ガーナから参加されてる方も。そうか、アフリカンドラムも太鼓だ!

そして学生サンバ連合「ウニアン・ドス・アマドーリス」
ムサビ生も参加してるラテン音楽研究会で、まさかこんな場所でムサビつながりが生まれるとは(笑)
確かにこれも打楽器だわな。


各1分といっても50団体ぐらいあるから、デモンストレーションだけで約1時間。
さ、お待たせしました。

イベントを作る時はどういうシーンをお客さんに見せたいかまず考えるんだけど、最初にこの絵が浮かんだところで成功は約束されたはず。
これはその場で体感しないとわかりませんね。
1000人近い人が一斉に腕を振りあげる姿は圧巻だし、その音圧は想像以上。この感動を写真やビデオで伝えるのはちと無理だわ・・。


そのあとは、あちこちにステージがセットされていてそこで演奏することになります。


  • ここは境内にある奥山広場。広場を囲むようにお土産屋さんがグルっと並んでます。


  • これ全部お土産屋さんなんです。すごっ


高校生たちの演奏を聴いて、参道へ。

あちこちからドンドコと聞こえます。

太鼓ファンがこれだけいるんだなあ・・。

最後は参道を練り歩く太鼓パレード。太鼓祭の最後のイベント。


  • 1時間半ぐらいかけて参道を演奏しながら歩いていくんです。大変だなあ・・。

リンクロウが和太鼓やってなかったら、太鼓のイベントに一泊二日で来ることはなかったし、ましてや成田山新勝寺なんて来ることは絶対なかったはず。いい経験させてもらいました。
高校3年生はこの成田太鼓祭を最後にほとんどの部員が受験勉強で抜けるので、ほとんどのお母さん達が泣いてました。
あ、リンクロウは残るそうです・・べ、勉強は?!・・・ま、いいか・・。


以上、あかりちゃんから「お父さんが好きそうな団体がいるよ」と言われて見たら、

世界初の和太鼓アイドル「桜りりぃ」さんプロデュースによる世界初の和太鼓アイドルユニット「東京おとめ太鼓」だった手羽がお送りいたしました。
別にアイドル好きではないんだけどなあ・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中