GWは六本木でアートこいのぼりなう!

2018年4月28日(土)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月27日(金)、打ち合わせで朝からミッドタウン。
打ち合わせの間に、せっかくだからアレを見ることに。

アートこいのぼり!

ミッドタウン春イベント「Open The Park ミッドパーク ギャラリー」の一環として、浅葉克己さん、勝井三雄先生(一昨日お会いしたけどすんごい元気でした)、佐藤可士和さん、菊地敦己さん、永井 一史さん、松永真さん等々そうそうたるメンバーや30歳以下のJAGDA若手作家、ミッドタウンアワード受賞者など国内外のクリエイターがデザインしたこいのぼり約80体が空を舞っています。

天気は曇り気味でしたが、それでもなかなかな爽快感でした。


  • 去年までは「デザインこいのぼり」と言ってたような気がしないでもないけど


  • 大学としては唯一ムサビも初回から参加させてもらってまして、ムサビ生のデザインしたこいのぼりも泳いでます。

今回新たな試みとして、こいのぼり横のQRコードをスマートフォンで読み込むと、なんと

画面上でこいのぼりが泳ぎ回るんです!(この写真でわかるかな?)
ほんとに自由に泳いでるからこれがなかなか捕まえるのが難しくて。すごい時代になりました。

アートこいのぼりは「ミッドパーク ギャラリー〜こいのぼりコレクション〜」の1企画でして、

5月3日から6日まで巨大な「こいのぼりくぐり」や5月4,5日はワークショップ「アートこいのぼりをつくろう」もあります。

そしてGW中は、JAGDAデザイナーがデザインした約30枚のオリジナルピクニックシートが並ぶ「Picnic Sheet Exhibition」、オープンエアの緑の中でハワイ気分にひたれる「ALOHA GARDEN」、ミッドタウンアワード受賞者の新作展示「Street Museum」などもやってます。
手羽が前から一度やってみたいと思い続けてるのは芝生広場で行われてる「ミッドパークヨガ」。毎年ラウンジから皆さんが気持ちよさそうにヨガをやってるのを見てるだけなのよね・・。
ぜひGWはお子さんと日比谷ではなく六本木のミッドタウンにお越しください。

あ、そうそう。
東京ミッドタウンといえば、4月9日にシェアオフィス「ワーク スタイリング東京ミッドタウン」が18階にオープンしました。

ちなみにロゴマーク、キービジュアルは森本千絵さんが担当されてます。
一度入ってみたいなあ・・マネジメントさん、入れてくれないかなあ・・・。
 
 
話を戻して。
その足で国立新美術館へ。こちらでは現在、

須藤玲子さん、アドリアン・ガルデールさん、齋藤精一さんによるインスタレーション「こいのぼりなう!」が開催中なんです。
国立新美の一番大きな展示室で約300体のこいのぼりが泳いでます。
聞いたところだと、別にミッドタウンさんと企画を合わせたわけじゃなく、たまたまなんだそう。
須藤さんは去年ミッドタウンでこいのぼりを展示してたような。

皆さん、柴田文江デザインの「廃人になるソファ」でゴロゴロしてました(笑)
GWはこうでなくちゃ。

壁の向こうには

体験スペースがあって、


  • 3本両面テープが張られたシートに2cm角ぐらいにカットされたいろんな色紙を貼って自分好みのこいのぼりを作れます。

この手のワークショップは必ずチェックするようにしています。
レベル設定の確認というか、普段は美大生の作品しか見てないから「これくらいなら子供も作れるでしょ」とつい思ってしまうんですよ。
多分ムサビ生がこのワークショップを考えたら、水ノリや両面テープを使って自由に色紙を貼れるように作るはず。色ペンを用意したり、色紙もいろんな形にカットしてね。でも色ペンは小さい子供だとぐちゃぐちゃにしか描けないし(それも味があっていいわけですが)、机もすんごく汚れるし、水ノリも然り。「リャンメンを小さくちぎって紙に貼る」なんてことは子供は100%できません。カッターなんてとんでもない。
今回も最初は「簡単すぎない?」と思っちゃっいましたが、プロの学芸員さんが考える「1日数百人の来場者に対応できる老若男女問わずに汚れず楽しめる工作」ってことだとこういうレベル設定なんだなあ、と勉強。
ただ、見本になってるものは色紙をそのまま貼ってるものしかなく、「手でちぎってもOKだよ」ってメッセージは出してもいいんじゃないかと思ったり。

そして見てるだけじゃなく、どこが難しいのか、楽しいのかをわかるためには自分でやらないと意味がありません。
もちろん

MAUこいのぼり!
用意された色紙サイズをそのまま使うのではなく、ちぎったところが創作工夫ポイントなんだけど、デザイン・ラウンジスタッフに見せたら「あああ・・・」と残念そうな反応だった。

4月29日(日)には須藤玲子さんによる卓上に置けるミニサイズのこいのぼりを制作するワークショップが開催されます。(事前申込制で募集は終了してるけど)

もう一度いいます。
GWは家族で六本木に行こう!!


以上、

喫煙者の皆さん、国立新美の喫煙スペースが入り口そばから奥に移動しましたよ、の手羽がお送りいたしました。
手羽も喫煙者だけど、確かに入り口そばに喫煙所を置かなくてもと思ってました・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中