【1000円で何を買う?】東工大×ムサビ合同ワークショップ2日目!

2017年7月26日(水)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

恒例となった東京工業大学と武蔵野美術大学による5日間の合同ワークショップ「コンセプト・デザイニング」の様子をレポートしています。
初日の様子はこちら
東工大×ムサビ合同ワークショップ「コンセプト・デザイニング2017」スタート!


今年は「恋」をお題にやってます。

最終アウトプットの精度を求めるなら、最初だけレクチャーして後は制作の時間に回した方がいいのですが、このコンセプト・デザイニングでは「いかにしてコミュニケーションを取るか」「相手との違いはなにか」「発想の転換」にこだわってます。
なので5日間という短い時間なんだけど、ちょいちょいレクチャーやプレゼンを挟むようにしてて、「こういう考え方もあるんだ」という気づきをなんとか起こしたいな、と。学生さんからすれば「そんなのいいから作らせろや!」かもしれないけどね。


で二日目となる昨日は油絵学科・袴田先生が登場し、

「アート(美術)思考」についてレクチャーがありました。
私たちは「引っ掻き回し回」と呼んでて(笑)、このワークショップの肝となる部分です。


・・・・と、いかにも参加してたように書いてるけど、昨日は大学でお仕事があったので手羽は2日目の様子は見ることができず。
ここからは初日の様子に戻ります。

が、ガリバートンネル。
どっちが出口かは人によって違うかも(笑)

今回のお題「恋」。
ところで、「恋」の反対語(対義語)ってなんだと思います?

「無関心」だったりするけど、「愛」という考え方もあるんです。
これって深いと思いません?
また、「恋」も「愛」も英語だと「LOVE」になります。
てことは、日本人がなんとなく感じてる「恋」と「愛」の違いは、英語圏の人にはないってことなのか?
いくらでも話し合えてるテーマだけにどこで議論を終わらせるかがポイントかもしれません。


東工大とムサビ生が初めて出会った日に混合グループを作り、短い時間で議論をし結果を出さないといけません。そのためには早く仲良くなってもらわないといけないので、毎年初日のアイスブレイクは私が担当しています。
今年はよくある「共通点探し自己紹介」をやりました。
いくつかのステップののち、グループメンバー全員の共通点を4分30秒で探し出し、それを発表してもらったんです。一番多く出したグループにはある特典が。
NGワードは「私は人間です」「私は日本人です」「私は学生です」の3つだけ。

ABCDの4グループあるんだけど、これが結構かぶらないんですよ。
かぶりがちだったのは「関東に住んでます」ぐらいで、あとは「あああ。それがあった」のオンパレード。
Aグループは「みんな手羽さんのプレゼンが面白かった」を入れてたけど、大人に媚びを売るような学生はダメだ!・・・おっちゃんが今度アメちゃんあげる。


NGワードを3つしか設定してないのに、どうしても「これも項目に入れていいのかな?」と考えて外してしまう(言わない)ことが多々あります。ま、大人になるってそういうことなんだけどね(笑)
このつい自分がかけてしまう「ストッパー」がブレストでは邪魔になるので、他グループの発表を聞き「思いついたものをとりあえず(ブレストでは)言った方がいいんだよ」と知ってもらいたくて今回はこのアイスブレイクをやりました。


そしてもう一つやったアイスブレイクは「1000円でグループ用のお菓子や飲み物を話し合って30分以内で買ってきなさい」です。
これはここ数年やってて、・・当然手羽の自腹です(涙)

面白いのが、毎年グループによって買い方が違うんですよ。
1000円が絶妙な金額で、5人で1グループだから一本ずつペットボトルを買ったら残り300-400円ぐらいでお菓子を買わないといけない。ミッドタウンには激安店はないからセブンイレブンか高級スーパーで買うしかない。でもそれだとポテチ2袋ぐらいが限界。でも甘いものはいらないのか?しょっぱいものばかりじゃ飽きちゃうぞ。オレはクッキー食いたいぞ。


  • Aグループは一般的なイメージかな。大きなペットボトル・パーティー開けでみんなで食べる方法。「大炎上唐辛子」はきっと会話盛り上げ用ですね。ちなみに手羽はアスパラ大好きです(誰も聞いてない)


  • Bグループは1点豪華主義。飲み物を諦め、チーズケーキとカットフルーツを買いトッピング。これで1000円を使い切った。端数調整でブラックサンダー。ちなみにブラックサンダーは小平市の企業が作ってます


  • Cグループは恐らくセブンの100円コーナーでお菓子を仕入れ、お皿を作って盛り付け。余ったお金でイチゴオーレ


  • Dグループだけ500円多く支給(これが特典)したので一人一本ペットボトルが買えてた。少し豪華。でもポテトチップスは手がベトベトになってワークショップには不向きなんだよねw

もうおわかりのように、これらもコミュニケーションを作るための装置です。


あ、そうだ。
昨日からの写真で、ちょいちょい見切れてる

紙コップにのったカラーボールが気になってる人はいませんでしたか?


これは野原先生が考案(?)した、「会話盛り上がり具合お知らせシステム」なのです。

通常時は緑色なんだけど、「会話が盛り上がってきた」「いいアイデアが生まれそうな方向!」てな時は、

ピンクのカラーボールをセット。

逆に「現在、アイデア停滞中・・・」てな時は

青のボールをセットしてもらってます。

今はもちろん学生さんによる手動ですが、数年後には東工大さんのロボコン出場の科学力・技術力でメンバーの脳波的なものをセンサー的なものが感知して、自動でボールを入れ替えるシステムになってるかもしれない。


てなわけで本日3日目からいよいよ東工大大岡山キャンパスに場所をを移し、東工大ステージのスタート。最初にいきなり中間プレゼン。
この短い時間でどんなアイデアが出てきたのか、

このケーキのように議論を食い尽くすことができたのか。楽しみです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中