【短編映画作ってます】ムサビニュースまとめ20161117

2016年11月17日(木)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「手羽の記事はムサビびいきだなあ」と感じてる方も多いんじゃないでしょうか。
一応これでもPARTNERでは美大全体の話題を優先してるつもりでして、 「ほんとはこれだけ書くのを我慢してるんです」というのを証明するために、前回11月1日以降のムサビ関連ネタをまとめます。
今回もボリュームたっぷりです・・。


 
まずは卒業生の活躍を。 
チョーヒカルコラボ第二弾「あの子は宇宙パーカー」、ヴィレッジヴァンガードオンラインストアにて予約受付中!!:時事ドットコム


London International Awards
デ情卒の池澤 樹さんが、ロンドン・インターナショナル・アワードのデザイン部門でムサビオープンキャンパスアートディレクションで銀賞を2つ受賞しています。


映画『デスノート』佐藤信介監督が大事にしている原作との関係は? | アニメイトタイムズ
映像学科出身の佐藤さん。デスノートの次は「ブリーチ」だそうです。


アーツさいたま・きたまちフェスタ2016DX ( ASK祭 )

●会期:2016年11月18日(金) ~21日(月)
●時間:18日(金)17:00-20:00|19日(土)10:00-20:00|20日(日)10:00-20:00|21日(月)10:00-12:00
●会場:さいたま市プラザノース、2F交流スタジオ、 ステラタウン・屋外南西部、 大宮北ハウジングステージ
●入場料:入場無料
●展覧会予定参加作家:飯島浩二、市川平、遠藤一郎、岡本光博、橘宣行、YOTTA、海外ゲスト:Woc the Rockほか

わかる人が見れば、「このメンバーなら外れないな」とわかってもらえると思うんですが。
3回目となる今回は、初日と最終日に自動車を用いた現代アートが街中を走るんです。ちゃんと道路交通法に則って大宮警察から市内パレード走行許可を取ったそう。


「眠る」彫刻を体験! 西尾康之が山本現代で新作発表
陰刻石膏像で有名な彫刻学科出身の西尾さんが、今度はヘッドマウントディスプレイを用いて鑑賞する新作の「彫刻作品」を展示します。12月3日まで。
 

  
つぎはムサビ生たちの活躍を。
武蔵野美術大学のねこ好き学生が描いた、ねこ部屋を実現させます - Crown Cat株式会社
ねこ好き学生(笑)


国際リニアコライダーのスケールを体感できる、15mの巨大ジオラマを展示
もう終わっちゃいましたが、建築生が中心になってました。


【茨城新聞】朝登校したら…感激、黒板アート 美大生らが企画、制作
黒板ジャックや旅するムサビは、どうしても日祝日や長期休暇期間に集中しちゃうんです。今後の予定表見たら2,3月は埋まってた。

これは学生さんの活動ではないけど、その旅するムサビから
美術館が学校に 米沢小で出前講座:長野日報のニュースサイト
こういう広がりができてます。


メンズノンノ、オーディショングランプリに美大生の18歳・中川大輔さん/デイリースポーツ online


ムサビと新潟市西蒲区は以前から産官学連携をやってて、今回はショートムービーを作ることになりました。といってもただの観光地PR動画を作っても仕方ないので、なんと新潟と東京を舞台に繰り広げる、笑って泣ける青春群像短篇娯楽作品に。予告編はこちら。

現在絶賛編集中で12月公開予定です。
より知りたい方はこちらをご覧ください。
https://www.facebook.com/nishikan.movie/


小川公民館 武蔵野美術大学の学生が教える「いろは日本画入門」|東京都小平市
特に社会連携チームは関係してないんだけど、こういうのは直接学生さんに依頼がいくのかな。



そして教員の活動を。
平成28年度ちょうふ市内・近隣大学等公開講座 武蔵野美術大学
お隣の調布市さんから公開講座の依頼があり、12月2日に油絵学科の遠藤彰子先生、12月16日は長澤学長が登壇することになりました。


稲わらで巨大動物像 日本昭和村
宮島先生は完全にわらアートの人になってしまったなあ・・。


いよいよ19日からドキュメンタリー「カレーライスを一から作る」が上映開始ってことで、関野先生がメディアで紹介されまくってますね。
「カレー食らわば皿まで」? 探検家・関野吉晴ゼミの課題は「自給自足カレー」 〈AERA〉|dot.ドット

毎日ヘルス&ライフ:私のQOL 医師・探検家 関野吉晴さん - 毎日新聞

探検家・関野吉晴の課外ゼミ追う「カレーライスを一から作る」公開、音楽はU-zhaan - 映画ナタリー


ちなみに上映される東京・ポレポレ東中野ではこんなイベントも。
世界中の知を集積した“映像の百科事典”上映、U-zhaanや荒俣宏らがトーク - 映画ナタリー



んで、大学の活動を。
東京ミッドタウン・デザインハブ 第62回企画展「デザインの理念と形成:デザイン学の50年」開催 | jiku

企画展「デザインの理念と形成:デザイン学の50年」、東京ミッドタウン・デザインハブにて開催|デザインノート ON THE WEB

【イベント】第62回企画展「デザインの理念と形成:デザイン学の50年」、東京ミッドタウン・デザインハブにて開催 | コンテスト 公募 コンペ の[登竜門]

ムサビ基礎デの50年を辿る展覧会、原研哉ら教員&在卒生が集結 - CINRANET
AXISさん、デザインノートさん、JDNさん、CINRANETさんで紹介してもらいました。
ただ「ムサビ基礎デ」という単語で何人ぐらいの人がわかるのか(笑)
ちなみに150名に定員増やしましたが第2回トークセッションは満席になりました。第1回トークセッションは若干席がありますのでお早めに。


来週から始まる助手さんたちの展覧会がこちら。
JOSHUTEN 武蔵野美術大学助手研究発表2016

●会期|2016年11月25日(金)-12月22日(木) *休館日:日曜日
●時間|10:00-18:00(土曜日は17:00閉館)
●入館料|無料
●会場|武蔵野美術大学美術館 展示室1・2・4・5、アトリウム1・2
●主催|武蔵野美術大学 美術館・図書館
●企画|JOSHUTEN2016運営委員会

https://www.facebook.com/musabi.energy/
<関連イベント>
1. 土偶を作ろう
●日時|2016年11月30日(水) 17:00より.
2. 野焼き+アーティストトーク
●日時|2016年12月8日(木) 16:30より
3.シンポジウム 「彫刻ってなんだろうー『美術手帖』2006年3月号発売から10年」
●日時|2016年12月19日(月)
 

助手さんがどういう作品を作ってるのか、学生さんは絶対にチェックした方がいいですよ。


デザイン・ラウンジのイベントを2つ紹介します。
I.C.E x D-LOUNGE 1day インターンシップ 2016

●日時:2016年12月1日(木)18:00〜21:30
●会場: 武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ
●受講料:無料
●対象:学部3・4年生、大学院生
●定員:45名(申込・先着順)
●主催: 武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ / 一般社団法人I.C.E(http://i-c-e.jp/)
●協力: 武蔵野美術大学 学生支援グループ キャリアチーム
●モデレーター: 株式会社ラナエクストラクティブ
●ファシリテーター:
株式会社イメージソース ザ・ストリッパーズ株式会社株式会社ソニックジャム 株式会社BIRDMAN 株式会社パズル株式会社ベースメントファクトリープロダクション 株式会社ラナエクストラクティブ 株式会社ワンパク株式会社ワン・トゥー・テン・デザイン
●申込方法:こちらから申し込んでください
*Peatixからも申し込みいただけます
I.C.E(Interactive Communication Experts)は、2012 年10月にインタラクティブコミュニケーションを主軸とする制作プロダクション9 社によって設立された一般社団法人でして、I.C.E加盟各社の社員が学生さんといっしょにチームを組んで企画を作り上げていく、実践型インターシップとなってます。クリエイティブ業界を志す人、インタラクティブクリエイションに触れたい学生さんはぜひ。
あ、ムサビのキャリアチームが協力で入ってますが、ムサビ生じゃなくても全然問題ありません。ぜひアンテナ張ってる他大学の方はぜひ。こんないいチャンス、気が付かない方が悪い。


チームラボのデザイナーとつくる「人に伝わるポートフォリオサイト」

●日時:2016年12月20日(火)13:00 – 19:00
●参加費: 無料
●場所:武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ
●参加対象: 大学生、院生
●募集人数:30名(お申込み多数の場合、抽選とさせて頂きます。)
●主催:チームラボ株式会社 / 武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ
●申込方法:
こちから申し込んでください
チームラボのデザイナーから直接アドバイスを受けながら人に伝わる「自分のポートフォリオサイト」をテーマに、実際にWebデザインを体験します。
さすがチームラボさん絡みのイベントとあって、まだまだ先のイベントだけど11/17現在59名の申し込みがありますね。こちらは抽選なのでまだまだ大丈夫です。もちろんこちらもムサビ生じゃなくてもOK。美大業界を盛り上げたいんです。

 

以上、
芸術と猥褻入り乱れる「現代の奇祭」ムサビの芸術祭に潜入してきた - ニュース - Jタウンネット
学園祭を奇祭と言われてうれしい手羽がお送りいたしました。
美大生の悪いところは、「奇人」とか「奇」は褒め言葉だと勘違いしちゃうところ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中