【 #美大受験 2019】美大に合格した人へ その3【なぜ美大の学費は高いのか?】

2019年3月13日(水)今日は東京藝大の合格発表日ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美大受験生の疑問にお答えする「#美大受験」シリーズをお送りしています。

#美大受験 では、ムサビ、または関東美大の一般入試(AOや推薦入試じゃない)を具体例で使ってますが、基本的な部分はどの美大受験にも参考になると思います。
これまでの話はこちら。
手羽オススメの美大・美術予備校漫画はこれだ!
東京五美大2019一般入試スケジュールと受験生にアドバイス
交通に関する9つのアドバイス
東京4美大2019年度一般入試志願者数(確定版)から言える1つのアドバイス
美大入試で必要な持ち物に関する6つのアドバイス
美大実技試験に関するたった1つのアドバイス
美大の学科試験に関するたった1つのアドバイス
入試日朝に中央線が止まった。さあ、どうする?
「倍率」は全然参考にならないって話 1
雪の日の対策は?
「倍率」は全然参考にならないって話 2
「倍率」は全然参考にならないって話 3
気になる今年の国公立芸術系大学の志願者数【藝大は?京都市芸は?】

【合格発表編】
ムサビとタマビの合格発表について【補欠繰り上げはいつから?】
美大に合格した人へ その1
補欠は何番まで
美大に合格した人へ その2 【現役でもついていけるか?】

「美大に合格した人へ」シリーズの最終回です。


「学科試験だけで入学したけど実技についていけるか?」
関東の美大もセンター試験のみで受験できるシステムを導入し始めたし、ムサビ新学科はそもそも実技試験自体やってないので、この不安を抱える人が増えてるかもしれません。

以前も書きましたが、「入試は大学からのメッセージであり、最初の授業」でもあります。
普段「実技試験の出題意図を見ればどういう人材を欲しているかわかる」と説明してるけど、試験科目も同じことで、実技を必要としない試験科目で入学できる場合は「実技が大事なポイントではない」「実技力ではなく文章構成力や論理展開力、英語力を持ってる人材も必要だから」ということを表しているのです。

視デと数学等で入った学生さんとの最初の実技力はやはり差があります。
昔から絵を描いてて予備校で1年間なり徹底的にトレーニングを受けたファインアートや視デ、工デの人ってやはり絵がうまい。

でも、「専門的スキル以外にちゃんと文章が書ける人や論理的に物事を考えられる人も必要」だからこそ、そういう入試システムをやっているわけで、くどいほど書きますが「ムサビ新学科が実技試験をやらない」と聞いていろんな方が「美大がそれでいいのか!」と怒ってたけど、基礎デは大昔から学科試験のみ入試があり「結果も出してますよ。それがなにか?」とはっきり言えます。
また、「学科試験の点数が高い人は理解力が高いので実技力が伸びるスピードも速い」と昔から言われてて、最近のデータを見てもそれが証明されてます。

ただ、「全然心配いりません」とは言い切れないかな。
入学して「実技力が足りないかもしれない」と感じた時に、「ああ。オレはダメだ」とあきらめるか、「実技の勉強しなくちゃ!」と奮起するか、「オレは絵が上手い人を使う立場になる」と感じるか、どういう行動をとるかは大学では自分次第なので。

必要だと思ったら、ムサビでは共通絵画研がデッサン力をつけたい人向けにデッサン基礎の講座を開設してたりするんで、こういうものを受けるのも手です。他美大でもやってるはず。
なんだかんだデッサンは勉強しといて損はないですからね。


「学費をどうするか?」
受験前から私立美大の学費が高いことはわかってたけど、いざ合格となった時に学費が現実的な問題になるご家庭も多いと思います。

ほんとに私立美大の学費が高いのか、河合塾のデータから初年度納付金一覧を作ってみました。
*複数掲載されてるものは一番安い金額を選択してます。
*人文系や芸術学系はかなり金額低めに設定されてるので外しました。「実技メインの学科で比較」ということです。
*初年度納付金には入学金が含まれてるので、2年次以降学費は「ここから30万ぐらい引いた金額」で概算が出るはず。


  • データが間違ってるかもしれないので詳細は各大学公式情報をご確認ください。

やはり私立美大は国公立に比べて高い。
子供が突然「オレ、私立美大行くからお金よろしく」と言ってきても、簡単に親は「OK!」と言えるはずないっす・・。

ただ補足すると、「美大でかかるお金の比較」って難しく、授業中の教材費がどれくらいかかるかは大学・学科・素材によって全然違うし、例えばムサビ新学科はPC購入が必須だったり、ここに出てこない費用がかかったりします。
逆に大学の給付奨学金が手厚かったりする場合もあるので、作っといてなんですが、一概にこの初年度納入金だけで比較しない方がいいです。

それにしても、大昔は「私立美大の学費は東京藝大の倍」と言ってたけど、いつのまにか東京藝大もこれだけ値上がりしてるんですね・・。

 

 
と、これで終わらせるのもなんなので、「なぜ美大は学費が高いのか?」という話を私立美大職員の「言い訳」程度に書かせてもらいます。

美大は「大学で制作する。4年間課題が出る」ことが基本になります。
カテゴリとしては美大は文系に入るんですが、一般の文系大学と比べ学生さんの大学使用率が必然的に高くなるんです。「2年生までに単位取り終わったら、あとはほとんど学校に行かなくてもいい」なんてことはなく(そういう一般大学もずいぶん減りましたが)、デザイン系だと4年ともなれば指導日ぐらいだけど、ファインアート系やクラフト系だとほぼ毎日4年間大学に通うことになります。
つまり、4年生までの「制作スペース」を学生分確保しなくちゃいけない。

また、美大のファインアート系やクラフト系だと1人あたり面積をそれなりに確保しないと作品が作れないし、デザイン系や映像系だとそれなりの機材や施設がないと授業が出来ない。
やってること・必要なモノ・スペースは理工系にかなり近く、理系のような設備投資が必要になってきます。


  • ムサビ彫刻学科の金属工房

はい。美大って「経営的」にはかなり効率が悪い学校なんです(笑)
上記初年度納付金一覧表に「理工系でデザイン寄りの学部」の学費を参考にいれました。美大と文系を比べるとアレですが、理工系と比べると美大の学費がむやみに高いわけではないことがわかってもらえるんじゃないかと。

そして、美大だからといって実技だけやればいいわけじゃありません。
「大学」なので、いわゆる「一般教養科目」も普通に用意しなくちゃいけない。よく「え。美大って英語とか体育の授業があるの?」と聞かれるんだけど、だって大学なんだもん。普通にありますって。なかったら大学じゃないんですよ(笑)
「一般教養教育」+「美術教育」の2つの機能を持たせることとなり、単純に考えれば一般大学の倍の費用がかかる。だからどうしても学費が高くなる、と。
これらが大雑把な「私立美大の学費が高い理由」です。

・・・・ええ。最初に書きましたが、あくまでも「言い訳」に過ぎないし、私達が何をいっても屁理屈にしか聞こえないし、どこがアドバイスなんだって話で・・・・。


「お金」でいえるアドバイスは。
美大、特にデザイン系は課題や制作が大変なので、遊んだりバイトしたりする時間が思ってるほどありません。
手羽も制作を優先してたから毎週やるようなバイトは入れることができず、単発か春休みなど長期休業期間に長期バイトやって、それを制作費にあてる・・という感じでやってました。学費を補てんするほど稼ぐことはできず、本当に4年間通わせてくれた親に感謝してます。
夜にバイトを入れてる学生さんもいるけど、相当学業との両立が大変になる覚悟は必要で、美大のカリキュラムはちょっと特殊だから、授業の様子がわかるまで・・できれば夏ぐらいまでは動かせない夜バイトは入れない方がいいですよ。
このあたりは親御さんとよく相談した方がいいです。美大に来てほしいけど、それで不幸になったんじゃ意味がないので。


ただ。
ムサビから東京藝大彫刻大学院に入った学生さんとこんな会話がしたことがあります。
手羽「藝大どうよ?バリバリ作ってるんでしょ?」
藝大生「バリバリというか、工房が早く閉まっちゃうんで・・」
手羽「へー、イメージとしては藝大とか夜中まで作業してる感じだけど」
藝大生「建築系とかはそうかもしれませんが。なんせ夜と土曜は作業ができませんから」
手羽「え。工房の使用時間的にはムサビの時より減ってるわけ?じゃ足りない分どうしてるのよ?」
藝大生「実は外に共同アトリエ借りて制作してます・・」
手羽「そ、それじゃ学費の安い藝大に行った意味がなくね?」
藝大生「まあ、それは・・」


国公立芸術系大学は私立に比べて学費が安いけど、「施設を使いたおす」という点では私立美大の方が分があるかもしれません。特に文科省からの財政的締め付けがどんどん厳しくなってるので、どの国公立芸術大学を見に行っても「大変そうだなあ・・」と手羽は感じてたりするわけですが。


「そもそも美大って選択肢は正しいのか?」
これも現実的になった時にあらためて発生する迷いでしょうね。
詳しくは近いうちに書きますが、前段だけ触れると「いえいえ。ポジティブに考えられる人間なら、むしろこれからは美大の時代なんっすよ!」です。

次回が #美大受験ラスト!


以上、「時代は美大!美大最高!」といつも語ってる美大愛好家といえども、もしリンクロウが「オレ、タマビ行くから」と言ってきたら、学費的にやっぱり迷うだろうなあ、の手羽がお送りいたしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OTONA WRITER

手羽イチロウ / teba ichiro

【美大愛好家】 福岡県出身。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒。 2003年より学生ブログサイト「ムサビコム」、2009年より「美大日記」を運営。2007年「ムサビ日記 -リアルな美大の日常を」を出版。三谷幸喜と浦沢直樹と西原理恵子とみうらじゅんと羽海野チカと銀魂と合体ロボットとパシリムとムサビと美大が好きで、シャンプーはマシェリを20年愛用。理想の美大「手羽美術大学★」設立を目指し日夜奮闘中